大学生が暇すぎる!と感じたらチャンス!周りに差をつける2つのこと

 

アキト

こんにちは、通訳を担当しているアキトです。

 

 

突然ですが大学生活をどうすごしていますか?

 

高校生の時の部活+宿題
という生活から一転

 

結構時間があるように感じます。

 

僕は教育学部でしたが、
実習やテスト前以外は

 

友達と遊んだり、
家で昼寝したりと

結構時間を適当に使っていました。
(ほんとはするべきことがいっぱいあったんだけど)

 

みんな、何かしてるし、
自分も何かしないといけない

けど、何をしたらいいかわからない・・

 

最初の2年間は、学校に馴染むのに
一生懸命でそんなことを思っていました。

 

就職した今、社会人として
大学生の自分に言いたい。

アキト
「アキト、英語とビジネス知識を勉強しとけ!」

 

なぜそうなのか、理由を書いていきます!

英語

就職に有利になる

job_hunting_better
資格を持っていると就職・昇進に役に立ちます。

 

ちょっと古い資料ですが、TOEICで言うと600点くらい

持っていると少し評価されます!

» 引用:2013年「上場企業における英語活用実態調査」報告書

くーた
英語を使う会社には就職しないから関係ないぜ!

 

って思うかもしれませんが、全く英語を使わない会社でも

「TOEICで〇点持ってます!」って履歴書に書くと

 

この人は資格取得を頑張ったんだなぁ

って判断してくれます。

 

また、もっと高得点を持っておくと

海外部門を持つ会社にも受かる可能性もあるし

 

昇進の判断材料にもなります!

 

英語が出来ると単純に自分の可能性を高めてくれますね!

 

日本で仕事が見つからなくても、海外に行くことが出来る

choice_working_abroad
ワーホリで行ける国の最低時給を知っていますか?

 

オーストラリア19ドル
トロント(カナダ)15ドル
ニュージーランド17ドル

 

です!1ドル100円だとしたら、
トロント1500円???

 

ってなりますよね。
(中には違法でもっと低くしている所もあります)

 

僕がトロントにいた地元のパブで働いていたのですが

当時は時給11ドルくらいで、+チップももらえたので

 

週4くらい働いて、10万円以上稼げていました。

 

家賃は3万8000円だったので、贅沢しなければ

全然生きていけました!

(これは最低時給の話なので、企業ならもっと貰えます)

 

昔は賃金の安い東南アジアから
日本に出稼ぎに来ていましたが、

 

今は日本から出稼ぎに行ってもいい時代です

 

けど、時給がいいとはいえ、
もちろん英語が喋れないといけないので

 

海外で働く。という選択肢を残しておくために英語は勉強すべきですね。

 

僕も仕事以外でも勉強する時間を
少しは取るようにしています。

 

得られる情報が多くなる

lots_of_information
現在は情報社会ということで、インターネットに情報があふれています。

 

ウェブページは1900億ページを超えているということなんですが、

そのうち、英語のページの割合を知っていますか?

くーた
90%!

 

そこまではないのですが、2019年9月の時点で50%を超えていました。

参照:インターネットで使われる言語

 

日本は5%程度なので

 

日本語しか喋れない人(5%)の11倍(50+5%)

の情報を得ることが出来ますね!

 

別記事に書いた、
神田昌典さんも、英語の雑誌を読んでDRMという手法を発見し

その手法で年商8億円を達成しています。

 

神田さんの能力がものすごいのですが、

英語の雑誌を見る→DRM発見→

それを日本に合わせて取り入れた

 

とのことなので、

 

普段からアンテナを張り巡らせて海外の新聞を読んでいると

僕らも見知らぬビジネスチャンスが眠ってそうですね!

 

友達が増えて、見える景色や考え方が増えた

more_freinds
トロントから帰ってきて、大学の国際交流課に行くようになりました。

そしたら、学内には沢山留学生がいて
一瞬で友達が出来ました。

 

日本語で日本の友達とだけ遊んでいた自分が
英語で外国人と話すと

 

たとえ日本にいても見える景色が変わってきました。

 

彼らを見ているとすごく小さいことで喜んだり、
日本の不便なところに気づいたり。

 

新しい視点や学びが沢山ありました。

 

アキト
生活が2倍面白くなりました

ビジネス

新入社員で周りに差をつけることが出来る

new_emploee
働きだしたとき、日本の新入社員って
最初は給料を貰いながら

勉強もしていくっていうことが多いです。

 

ここで、ビジネス知識を持っておくと

他の人が1から進むとこを
5とか10くらいから始めることが出来ます!

 

僕は、初期の段階から会社の役員の方と話す機会があり、
組織論や経営について話していました。

 

その後辞めてしまいましたが、
生意気にも業務改善案を提案して
会社を去りました(実行されたかは不明)

 

普通に業務だけやってたら、5年くらい
気づかなかった内容かもしれませんし、

 

転職しよう!という選択肢も思いつかず、

今の仕事に挑戦もしなかったかもしれません。

 

僕がビジネス知識をつけて新卒から成果を出した話はこちら

 

独立したくなった時に役立つ

useful_for_establishing
働いて能力や知識がついてきたら

よし!独立しよう!ってなる時が
あるかと思います。

 

そうなったときに、自分の専門知識だけでは
開業することは出来ません。

専門知識+それを広めるマーケティングや

お金の知識が必要です。

 

例えば、料理を修行して独立する!
ってなったときに

ただ単に美味しい料理が出来ても
店はやっていけませんよね?

 

宣伝したり、市場調査したり
売り上げ計算したり、

料理以外の業務があるわけです!

 

ビジネス知識って言うと曖昧ですが、
職種の知識以外で必要なことを勉強しておいて損はないです!

 

サークルやゼミなどで活用できる。

usuful_club_activity
大学生は高校までの学校生活や
部活などで考え方を築いてきています。

 

大学に入るとグループワークや
ゼミなどで発言したり

計画を実行することが増えてきます。

 

その時に、チラシの書き方とか、
マーケティング知識を知ってたら

結構役に立つんです!

 

くーた
もちろん、難しい言葉を偉そうに言うのは違うよ!

 

今思うと、サークルの勧誘も
ただチラシをまくだけじゃなく

 

ターゲットを決めて、
そのターゲットが反応しそうなことを考えて

人が集まる場所でパフォーマンスしたり
SNSバンバン使ったり、

ちょっとしたプレゼントあげたり

 

少しのビジネス知識があれば
考え方が変わっていました。

まとめ

summary_boring
いかがだったでしょうか?

 

大学生活は人生の中で

一番時間があり、
何でも挑戦することが出来るので

ぜひ英語とビジネス知識
習得をおススメします。

 

どちらもこれから生きていく上で

知っておいて損はない知識です。

 

やりたいことが見つからなかったら、

ちょっと挑戦してみてください!

 

それでは!

 

くーた
この記事に関する感想、質問、コメントなどをもらえたら嬉しいです!
アキト
英語やスキルを身につけて、好きな仕事をするために頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です