大学の時間を無駄にする、他人に差をつけられる5つの習慣

アキト
こんにちは。通訳を担当しているアキトです。今日も将来に向けて英語を勉強していきましょう!

 

大学生活はどうでしょうか?

 

将来に向けていい準備は出来ていますか?

 

 

サークル、勉強、就活、色んな事に
時間を使っていると思います。

 

新しいことが沢山あって学びが
沢山あると思うんですけど、

僕が大学4年+大学院2年に通って、

 

ぜっっっっっっっったい、
これはしなくていい。

 

ってことを5つ見つけたので
シェアしていきます!

 

 

関連記事

大学生活でやらずに後悔した話→こちら

有意義に過ごす方法→こちら

 

貴重な時間を無駄にしないためにも
参考にしてみてください!

麻雀、ボーリングなどの夜遊び

night_ruin
麻雀は頭を使うし、ボーリングも
楽しいんですが、

アキト
睡眠時間削ってやること??

って思います。

 

夜は感情が高ぶるから、勝負事が楽しいだけなんだよ。

と言うのが事実です。

 

お金を賭けたり、勝敗をつけていくと、

今度は、それを取り返すために
また遊ぶというサイクルが出来ます。

 

相手がいないと出来ないことなので

また呼ばれる

→勝負する。

→結果に応じてまた勝負する。

 

の繰り返しになります。

くーた
それで出会えた友達もいるよ!!

という意見もあります。

 

ですが、僕は
ほとんどすることなく

 

友達がたくさん出来て、
健康的に大学生活を終わることが出来ました。

 

そして昼間の時間で自分のしたいことに集中することが出来ました。

 

ちょっとつまらない意見かもしれませんが、
もしやるなら昼間にやればいいんです。

 

徹夜で遊ぶ=青春してる、カッコいいという風潮はやめときましょ。

 

まとめ
いつでもできる刺激的なことより、自分のレベルを上げることに挑戦しましょう!睡眠を削って楽しいのは、気のせいです。

ギャンブル

寮の友達は結構パチスロに行っていました。

そこで聞いたのが

アキト
一昨日勝ったけど昨日10万円負けたわ

 

まず、どこにそんなお金があるんだよ!!って思っていました。

 

勝ったら、友達に奢って
負けたら取り返すためにまたギャンブルする

 

って言うのは意味が分かりませんでした。

 

が、一方でコンスタントに月10万円稼げています。

という人もいました。

出来る方のブログ・動画などから
ちゃんと勉強して

 

戦略的に確実に月10万円稼げるなら
良いと思います。

くーた
就職に失敗しても
一つの生きる手段になるね!

 

ギャンブルは
やるなら本気でやってください。

一か八か。。というのなら

 

バイトした方がいいと思います。

 

まとめ
急激なお金の動きは金銭感覚を狂わせるのでやめておきましょう!

必要以上のバイト

友達でめっちゃ
バイトしている人いませんか?

 

学費を稼がないと

遊ぶお金が欲しいから

 

とか言って働いていますよね。

一番ひどいパターンは、、

 

彼女がいたため
寮と1人暮らしを両方したいから
両方の家賃をバイトで稼ぐ!

という人がいました。
(お互い寮なので、家デートが出来なかった)

 

彼は、もはやバイトをするために大学に行っていました。
(多分フリーターの人よりバイトしていました。)

 

お金だけ稼いで、

 

フラフラの状態で授業に行き、

 

彼女と遊ぶためにまた稼いで、、

アキト
って完全に迷走していますよね。

 

日本語ペラペラのスウェーデン人、M君も、

大学は勉強しに行くところで
アルバイトをするのはおかしい!

と言っていました。

 

日本はスウェーデンみたいに学費が無料じゃないので

くーた
アルバイトしないと無理だよ

と思うかもしれませんが、

 

奨学金を借りて、無駄遣いしなければ
生きていけると思います。
(返却も月数千円です。)

 

そして、学生のうちは
収入を増やす。というよりは

家賃や飲み会など
減らせるところを減らした方がいいです。

 

アルバイトをする時は、

留学資金を貯める!とか
明確な目標→それに向けてお金を貯める

ようにし、

 

あくまでも生活の中心にならないようにしましょう。

まとめ
学生の本文は勉強!自分のためになることに時間を投入しよう!

薄い関係のサークルに顔を出す


大学に入ったら、沢山サークルの勧誘があって

沢山新入生歓迎コンパに行って

色んな所に顔を出すと思います。

 

新入生の戦略としては、
沢山行って気の合いそうなところを見つけて入る。という戦略でいいと思います。

 

が、その時出来た、薄い関係の
サークルの人に忘れられないためにサークルに顔を出す。

 

というのは、やめておきましょう。

 

おそらく、その関係は一生薄く、
卒業しても交流することはないでしょう。

 

それよりは、自分が好きなこと、
大学から興味を持ったサークル

 

1~2個に入り、一生の友達を作った方がいいです。

 

アキト
僕は2つ入り、卒業して5年以上経ちますが、どちらのメンバーともたまに遊ぶます。
まとめ
好きなサークルに入って一生モノの友達を作ろう!

適当に授業を決める


出来るだけ、自分のためになる授業を
受けましょう。

 

「大卒」という称号のためだけに

学校に行くのはもったいないです。

 

 

アキト

僕は日本語教師の授業をとっておけばよかったなと、ちょっと後悔しています。

 

また、逆に取って、一番後悔した授業は

リラクゼーションと称して、
授業中に「瞑想」?をする
一般教養の授業
です。

くーた
楽そうでいいじゃん!

と思うでしょ?

 

ちょっと先生の話を聞いて、

 

瞑想(ほとんど寝てる)して

 

意味の分からない感想を書く、、
(浮きそうな感覚がしたとか)

 

楽なはずなのに、
苦痛でたまりませんでした。

 

それよりも、農学部や理学部
一般教養の方が、見識が広がって

楽しく勉強になりました。

 

まとめ
自分のためになる授業を履修しましょう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

いくつ当てはまったでしょうか?

 

大学は色々自分で決めないといけませんが、

同時に誘惑も沢山あって

 

ついつい流されてしまいますね。

 

しっかりとした方針を決めて生活しましょう!

 

以上です

ここまで読んでいただきありがとうございます。この記事に関する感想、質問、コメント等があったら教えてください!

 

くーた
読むと英語学習のモチベーションになる10記事を選んだよ!まずはこっちから読んでね!
アキト
英語やスキルを身につけて、好きな仕事をするために頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です