goの基本的な使い方4つと重要文法3つ

アキト
こんにちは、通訳を担当しているアキトです。

 

今日は基本動詞goについて見ていきます。

 

「~へ行く」という意味以外にも

色々あるので

 

ぜひ覚えてみてください

 

基本的意味

go_image

こちらから向こうにいく」というのが、基本的なイメージです。

出発地点の目線から発話されています!

 

反対語はcomeで、目的地にいる人の視点です!

 

 

ちなみに

May I come to your office?

というように、自分が出発するのに、comeを使うと

丁寧な文になります

 

基本的な意味から派生する4つの意味を紹介します!

4つの意味

「進展する」

go_forward
物事が動く、進む。というイメージから派生しています。

 

くーた
これはイメージ通りだね

go through「(苦しみなどを)経験する」

experienceやundergoが類義語です!

 

throughで何か困難を通り抜けていくイメージです。

(1) My grandfather went through WW2 when he was a child.
(祖父は小さいときに第二次世界大戦を体験した。)

 

go through with「~成し遂げる、やりとおす」

go throughにwithがくっついただけの熟語です。

complete, accomplish, finishが類義語です。

 

(2) He went through with the representative of our student group for a year.
(彼は我々の学生団体の代表をやり遂げた。)

「~へ行く」

go_go
最もポピュラーな用法です。

toが来ることで、到達点を表します。

 

くーた
これくらい知ってるよ!

関連する熟語は

go ~ing at(in, on)「~しに行く」

(3) We will go fishing this afternoon
(私たちは、午後一緒に釣りに行く予定です。)

これは便利で他にも、

go camping(キャンプしに行く)、
go running(走りに行く)、
go swimming(泳ぎに行く)

 

などなど、何でも使えます!

 

「消える、なくなる」

go_disapear
行ってしまう、という意味から

到達せず、存在しなくなるイメージです。

go off「爆発する」「立ち去る」

(4) My ex-girlfriend went off and blocked me on Line.
(僕の元カノは出て行って、僕のラインをブロックしました。)
アキト
あるあるですよね。ない?

 

動いて状態が変わる(好ましくない場合が多い。)

go_bad
コントロールが効かなくなって、悪くなってしまう感じです。

 

go bad 「ダメになる」「腐る」

(5) The grapes I bought yesterday is already going bad.
(昨日買ったブドウは既に腐りかけている)

 

go from bad to worse「ますます悪くなる」

(6) The relationship between Hiroshi and his girlfriend went from bad to worse.
(ヒロシと彼女の関係はますます悪くなった。)

 

go wrong「(人が)間違える」「(計画などが)失敗する」「(機械などが)故障する」

(7)Where did my life go wrong?
(どの段階で僕は人生を間違えたんだ?)
くーた
人生はいつでもやり直せる!次行ってみよう!

文法

let it go とlet it beの違い

difference_let_it_be
letはそのあとに続く言葉を

そのままの状態にしておく

 

という意味があります!

 

なので「it go」「it be」を

そのままにしておくと

 

it go→それがどっかに行ってしまう

it be→それがその場に留まる

という状態が続くということなので、

 

アナと雪の女王の「ありのまま」というのは、

「どこかへ行ってしまう」という状態を

「ありのまま」にしておく。

 

という意味になります。

くーた
please let me be at home forever!

have been とhave gone の違い

been_and_gone
現在完了形の用法でよく間違える所です。

 

経験」の用法で○○へ行ったことがある。

はどっちでしょう?

 

というのがよくひっかけで出てきます。

 

上記の完了形の例を見ると分かると思いますが、

goは到達点がないと、どこかに行ってしまうので

 

beが正解です。

 

意味を比べてみると

 

have been ~へ行ったことがある(経験)

have gone ~へ行ってしまった(完了)

 

アキト
実は用法までも違います!

be going to

be_going_to
元々現在進行形ですが、

“be going to”が一つの特別な形に

定着してしまった用法です。

 

・決定済みの意思

will(~するつもり)と違って、前々から

きちんと 計画している未来を表します。

 

(8) I am going to attend a meeting tomorrow.
(私は明日会議に出席する予定だ)

会議は、思いつきで参加するものではなく、前々から決まっているので、be going toを使います。

 

逆に、誰かから呼ばれて、「今行くよー」っていうときは

予期せぬ出来事なので、willを使います!

 

注意
自分の計画をYou are going to~という風に相手に押し付けると脅しになってしまいます!

・ほぼ100%起こる未来

この用法では、人もモノも主語になりますが、

 

自分でコントロール不可能な動詞が来るのがポイントです

(バナナの皮が道端にあって)

(9)He is going to fall down 3 seconds later by the banana skin.
(彼は3秒後にバナナの皮で転ぶだろう)

 

くーた
分かってるなら止めてあげて!!

重要熟語

go_idiom

go ahead「どうぞ」

(「いいですよ」という返事や、「先に行っていいですよ」という意味)

(10)A:may I reveal your secret?
B:Go ahead.
(あなたの秘密をばらしても良いですか?)
(いいですよ)

また道で譲りあいになったときには、かっこよく、

go aheadって言ってみましょう!

go on~ing≒continue「~し続ける」

(11) My motto is going on making effort for the goal.
(私のモットーは目標にむけて努力し続けることです。)

 

go on with「~を続ける」

on~の後は~ingの代わりにwithを使うことで名詞をつけることが出来ます!

アキト
~ingと名詞は同じ用法で置き換えられることが多いので覚えておきましょう!
go_dutch

go dutch「割り勘にする、自分の分は自分で払う」

≒split the bill

「オランダの」という語が入る、
不思議な熟語です。

(12) Let’s go dutch on the dinner.
(晩御飯は割り勘にしよう!)
アキト
女の子に割り勘にしよう!って言う勇気がありません

 

as….go「他の…と比べて」

(13) My dog is quite cute,as other dogs go.
(僕の犬は他の犬と比べると、相当かわいいです。)
くーた
あざす!

 

go over「~をよく調べる、~を視察する」(≒check)

(14) Before you decide to buy the house, you should go over the detailed contract.
(家を買う前に、契約の詳細を確認しといた方がいいですよ。)

「~を繰り返す、復習する」(≒repeat, review)という意味もあります。

go so far as to「~さえもする、~しさえする」

(14) He went so far as to use his friend as a blind to get her attention.
(彼は彼女の気を引くために、友達をだしに使うことさえもする。)

その他の熟語

go_other_idiom
go with≒match「~に調和する、似合う」
go out of one’s way to~「わざわざ~する」
from the word go「初めから」
How’s going?≒how are you?

まとめ

go_summary

いかがだったでしょうか?
goは「行く」以外の意味で出てくると、

あれ?ってなっちゃいますが、
まずは4つの用法に戻って考えて、覚えましょう!

それでは!

くーた
この記事に関する感想、質問、コメントなどをもらえたら嬉しいです!
アキト
ブログランキングに参加中です。よかったら応援お願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ

 

文法が分かったら、英会話の練習もしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です