makeの主な使い方5つと会話でよく使う熟語

アキト
こんにちは。通訳を担当しているアキトです。英語に関する仕事が出来るよう勉強していきましょう!

今回は基本的な単語である「make」を
使いこなす記事にしていきたいと思います。

makeを知るだけでかなり
会話の幅が広がるので

覚えておきましょう

変化

make_conjugate
変化は過去形と過去分詞分詞が
同じ形になっています!

原形・現在形 make (meik)
過去形made(meid)
過去分詞made(meid)

くーた
メイドインジャパンのmadeだね!

意味

make_meaning
元々の意味として「力を込めてモノを作る」

という語源があります。

なので意味としては、

 

材料を用いて新しいものを作る。

という感じです!

 

作るという意味から5つ

派生するので見ていきましょう!

作る

make_basic
料理を作る、モノをつくる、

という一番定番の意味です。

 

(1)Her mother made her a new bag.
(彼女の母親は彼女に新しい鞄を作りました。)
(2)The house is made of stone.
(その家は石で作られています。)

ほかにも
make tea「お茶を入れる」
make coffee「コーヒーを入れる」
make fire「火をおこす」

などがあります。

首尾よくこなす

make_well
(ある状態を作り出すために)
→うまくやる

というイメージです。

make(catch) the train「電車に間に合う」

(3)I’m not sure if I can make the train.
(その電車に間に合うかどうかは定かではありません。)

 

make do with 「~で間に合わせる、~ですます」

(4)We couldn’t get new material, so we’ll have to make do with what we have now.
(新しい材料が手に入らなかったので、あるもので間に合わせないといけない)

make it
「上手くいく、成功する」「間にあう」「(日時の都合をつける)」
いろんな意味がありますが、

ここでは「上手くいく」とい意味
の例文をだします。

(5)I made it
(出来た!!(上手くいった!))
くーた
例文みじか!

強要する

make_force
(何とか状況を作り出すために、)

人に強要する。というニュアンスになります。

 

例文はこちら。

(6)My boss made (me do monotonous work.)

(上司は私に退屈な仕事を強要した)

 

 

公式としては、make +人+動詞の原形

と習ったかもしれませんが、

 

イメージは(人+動詞の原形)という状態を無理やり作り出すという感じです。

 

カナダのネイティブの英語の先生が

使役動詞の用法を知らなかったので

 

(人+動詞の原形)の状態を作る

というイメージで間違いないと思います。

 

使役の用法での熟語はというと

使役の熟語
make oneself heard
「自分の声を聴かせる」
make oneself understood
「自分の考えを人に分からせる」
というものがあります。

 

引き起こす

make_causative
(たまたまある状態を作る)

という意味です。

 

生物じゃないものが主語になる、

無生物主語構文という構文です。

 

(7)The news that his son succeeded in passing exam made him happy.
(彼の息子が試験を通過したというニュースは彼を喜ばせた。)

人じゃないモノが主語なので、
強制する意味がないんですね!

しでかす

make_happen
(よくない状態を)作り出す。

というイメージです。

 

make a mistake 「間違える」

(8)I made a mistake in writing the article

(私は記事の書き間違いをした。)

他にも

他の熟語
make a fuss 「~のことで大騒ぎする」

などがあります。

イディオム集

ここからは会話にもよく使う熟語を紹介していきます。

make sure (certain) that

make_sure
「~を確かめる」「必ず~するようにする」

世界一面白いジョークに選ばれたのもこの熟語です!
記事はこちら

(9)I will sure that the contract has carried out.
(私はその契約が実行に移されていることを確かめるつもりです。)

make sure ofの形にして、ofのあとに名詞を繋げることも出来ます。

make believe

make_believe
「~のようなふりをする」という意味で、

動詞が二つ並ぶ不思議な熟語です。

 

pretendとほぼ一緒ですが、

ごっこ遊びをするというニュアンスも持ちます。

(10)I made believe I am a millionaire.
(私は富豪であるふりをした。)

make sense

make_sense
「意味をなす、道理にかなう」

(11)Do you make sense?
(私の言っていること、わかりますか?)
という風に使います。

 

もし、
do you understand?
と言ったら、

大人が子供に聞いているみたいになり
失礼な場合があるので

 

(あなたの頭の中で)意味をなしていますか?

という風にmake senseを使います。

くーた
上から目線になっちゃうんだね!!

 

また、似た表現で
make out というのもあります。
こちらは合点がいく。

というイメージで

(12)I cannot make out what the man says
(私はその男が言うことが理解できない)

 

理解が足りないというよりは、
納得がいっていない感じですね

make up シリーズ

make_up
何個かあるのでシリーズにして
紹介します。
make up
「~をでっちあげる」「仲直りする」

(13)He made up a story about travelling
(彼は旅行の話をでっちあげた)

make up for
「~の埋め合わせをする、~を償う、~を取り戻す」

(14)We have to make up for the shortage of the supplies.
(私たちは、足りない物資の埋め合わせをしなければならない)

同じように make goodでも
「~を償う、~の埋め合わせをする」
という意味で使えます。

 

make up one’s mind to「~しようと決心する」

(15)She made up her mind to be a dancer.
(彼女はダンサーになることを決意した。)

 

色んな状況などを加味した上で

考えた結果決断する。という感じです!

くーた
「メイクする」もmake upだしmake up多すぎ!

利用する

make_use_of
make use of 「~を利用する」

(16)you can make free use of this room.
(この部屋は自由に利用して構いません。)

make the most of 「~を出来るだけ利用する」

(17)I want to make the most of my winter vacation.
(私は冬休みを最大限楽しもうと思います。)

 

make the best of「~で我慢してやっていく、~を何とか切り抜ける」

という熟語もあります。

くーた
bestもmostもいい感じの意味だから、混乱しそう!

make an excuse

make_excuse
「言い訳をする」という意味で、

そのまま使えます!

 

(18)Don’t make excuse!
(言い訳をするな!)

excuse me は私を許す、弁明する

という意味から、

 

「すみません」という呼びかけになります。

make one’s day

make_my_day
「幸せな気分にする」という意味です。

知らないと「私の日を作る?

 

ってなるので、覚えておきましょう!

(19)The moment that a boy helped the elderly made my day.
(少年がお年寄りを助けている瞬間は私を幸せな気分にさせた)

バカにする系

make_fool
make a fool of ~をバカにする

(20)I don’t like to be made fool of
(僕はバカにされるのが好きではない)

ofの後を自分自身にすると、「ばかな真似をする」

という意味になります。

 

(21)Don’t make a fool of yourself.
(馬鹿な真似はよせ)

また、(異性を)もてあそぶという意味にも使えます。

 

似た熟語
make fun of「~をばかにする」

お金系

make_money
make ends meet「収支を合わせる、収入内でやりくりする」

(22)I couldn’t make ends meet last month
(先月は家計が赤字でした。)

make shiftも「もっているもので、やりくりする」

という意味を持ちます。

こちらは「月ごとの」という意味が入っていません!

 

単純に「お金を儲ける」という熟語は
make moneyと言います。

 

earn「お金を得るとの違い」

earnのほうがフォーマルでお金が入る元の仕事を強調するのに対して、

makeはややカジュアルで、友達同士でも使えます。

 

他の熟語

make one’s living「生計を立てる」

重要である

make_important
not make a difference「どうでもいい、重要ではない」

「違いがない」というところから「どうでもいい」という

意味に派生します。

 

(23)It doesn’t make difference to me.
(私にはどちらでも構いません)

 

他の熟語

make much of 「~を重んじる、大事にする」→make little of 「~を軽視する」

習慣系

https://kamiya1.com/wp-content/uploads/2019/12/photo-1516901408257-500ed7566e6a.jpg
普段の習慣を表す熟語を紹介します。

make it a rule to「~することにしている」「~する習慣である」

 

(24)I make it a rule to drink a cup of water.
(私は毎朝一杯の水を飲むことにしている)

 

他の熟語

make a point of ~ing「~必ず~する、きまって~するようにしている」

その他

make_other
その他にもいろいろあります!

make a comparison「比較する」
make a speech 「演説をする」
make the bed 「ベッドを整える」
make an effort 努力する
make a reservation「予約をする」
make a face 「しかめ面をする」
make room for 「~のための場所をあける」
make a into B「AをBにする」
make allowance(s) for =take into consideration「考慮に入れる」
make for 「~の方へ進む」「~に貢献する、役立つ」
make friends with 「~と親しくなる」
make one’s way 「進む」
make oneself at home 「くつろぐ、気楽にする」
make remarkable progress in「~が著しく上達する」
make way for 「~に道を譲る、道を空ける」
make a choice「選択する」
make a decision 「決定する」

まとめ

make_summary
いかがだったでしょうか?

 

makeだけで会話できるんじゃない?

って思うくらいありますね。

 

まずは基本動詞を覚えて

英会話を楽しみましょう!

 

くーた
ブログランキングに参加しています。よかったらぽちっとお願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です