supposeの使い方全部言えますか?用法についてまとめてみた。

アキト
こんにちは。通訳を担当してるアキトです。今日も将来に向けて頑張っていきましょう!

 

語源

ラテン語のsupponereが語源となっています。

sup(下に)+pose(置く)ということから

下に置く→代わりになる→仮に…するという意味になります。

用法

~だと思う

(現在ある情報を基に)、~だと思うという意味です。

 

(1) I suppose (that) there will be an epidemic of infectious diseases around in 2020.

(2020年頃には感染症の流行があるんだろうな。)

アキト
もう起こってるよ!

少し前の動画を見るとビルゲイツさんは予言していたようですね。

 

 

(2) I supposed the victim’s girlfriend to be the criminal.

(被害者の彼女が犯人だと思っていました。)

くーた
コ〇ンでも大体近くの人が犯人だよね

 

supposeの後にはthatが来るときもあるし、 目的語+ to beの形が来るときもあります!

ソフトな提案

提案を直接的ではない言い方で伝えることが出来ます。

 

(3)I could help with your work, I suppose.

(仕事を手伝ってあげないでもないけど)

 

実際はあまりやりたくないというニュアンスなので、

相手がそういうなら。。って感じです。

 

ツンデレとは少し違うようです。

丁寧な要望・依頼

~出来ないと仮定する→~出来ないですかね?という

丁寧な依頼の意味になります。

 

(4) I don’t suppose you can give me the last chance.

(最後のチャンスをいただけないでしょうか?)

 

アキト
社会人で言いたくないこと、ベスト6ですね 

前提

…を(条件として)必要とする,前提とする

という意味です。

 

(5) Success at work suppose making effort more than everybody else.

(仕事で成功するには誰よりも努力が必要だ)

 

アキト
もちろん、正しい戦略を持った上でですけどね!

仮定

~と仮定すると という意味です。

Let’s を使って区切る方法と、if の言い換えとして使える用法があります!

 

(6) Let’s suppose the world ends tomorrow. What would you do?

(明日世界が終わると仮定しましょう。いったい何をしますか?)

 

くーた
一度でいいから、エンドレスで散歩してみたいね!

 

続いてif の言い換えです。suppose でもSupposingでもOKです。

 

(7) Supposing you were in my place, what would you do?

(もし、あなたが僕の立場だったら、どうする?≒

 

アキト
仮定法と同じで、現実性が高い場合は動詞は現在形になります!

重要表現

be supposed toは会話でよく使うので、絶対覚えておきましょう!

be supposed to

1 (義務・習慣上)~することになっている

 

(8) Teachers are supposed to be at school by 7am.

(先生は7時までに学校に来ることになっている。)

くーた
早!でも先生ってそれくらいからいる人もいるね。

 

また、否定文にすることで、禁止の意味を表します。

 

(9) Students were not supposed to drink on campus.

(学生は学内で飲酒してはいけないことになっていました。)

くーた
絶対飲んでる人いたよね!

 

 

2 ~するよう意図されている

 

(10) This TV show is supposed to be made to enjoy children.

(このテレビ番組は、子どもたちを楽しませるために作られています。)

 

アキト
子どもは何度同じものを見ても飽きないので、毎日同じ内容を流す番組もありますね。

 

3 (一般に)考えられている

 

(11) Older people are supposed to be respectful in this country.

(この国では年配者は敬われるよう考えられている。)

 

くーた
年上だろうが何だろうが、変な人は尊敬しないぞ!

類義語

 

~と考える。という意味の類義語はこんな感じです。

 

suppose 手元の情報に基づいて

assume (証拠もなく)思う

presume フォーマル (証拠もなく)思う

guess (話し言葉で) ~だと思う、考える

expect (話し言葉で)~だと思う、考える

 

派生語

過去分詞形のsupposedです。

 

「主張・表現」が~と思われている、~とされるという意味です。

 

(12) The supposed criminal turned out to be a supporter for him.

(犯人だと思われていた人は、実は彼の支援者だった。)

くーた
一番大事な人を疑ってしまったパターンだね!

 

動詞のsuppose を形容詞にしたように使います。

このsupposed の類義語もいくつか紹介します

 

類義語

alleged フォーマル 証明されてない場合 人・物事が~と思われている

assumed ややフォーマル 真実だと仮定された

hypothetical ややフォーマル(状況・考えに基づいて)仮定された

アキト
allegedは新聞などにもよく出るので覚えておきましょう!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

書き言葉でも、会話中でもよく出てくる、動詞のsupposeについてまとめました!

 

何となくふわふわしているイメージだったので

自分でも復習出来てよかったです。

 

何かの単語について詳しく説明して!

とかあったら教えてくださいね!

 

それでは!

くーた
この記事に関する感想、質問、コメントなどをもらえたら嬉しいです!
アキト
ブログランキングに参加中です。よかったら応援お願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ

 

文法を学んだら、英会話の練習もしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です