英語の順番が変わる倒置ってどんなもの?発生する2つの理由

アキト
こんにちは、通訳を担当しているアキトです。今日も将来に向けて英語を学習していきましょう!

 

くーた
英語は主語・動詞・目的語のはずなのに、たまにわけわかんない文章ない?
アキト
Here comes Mary(メアリーが来たよ!)とか?
くーた
そう!(メアリーが来たよ)はMary comes here だろが!

 

確かに、基本はそうなのですが、疑問文以外で

 

大きく分けて2つの理由で、

英語の順番が変わることがあります。

 

そのことを倒置と言います。

 

 

今回はその倒置が起こる理由と例についてまとめていきたいと思います。

倒置が起こる理由

情報の順番

英語は基本的に、すでに知っている話(旧情報)から

まだ話されていない情報(新情報)へと進んでいきます。

 

その順番が

主語→ 動詞→ 目的語→ その他

 

と進んでいくときもあるのですが、

 

例えば、(その他)の部分を既に知っていたら、

その他→主語→動詞→目的語

という順番になるというわけです。

 

くーた
違和感あるね!

書き言葉でも話し言葉でも出てくるので、知っておきましょう!

 

情報構造についての記事はこちら↓

 

気持ちの高ぶり

わかりやすく、日本語の例を紹介します!

 

例えば、

ありえない!夏に雪が降るなんて!

という文を考えてみましょう。

 

文法的に考えると、元の文は

夏に雪が降るなんてありえない!

のはずですね。

 

くーた
確かに!日本語文法は考えたことなかったけど!

(↑この文も倒置です)

 

このように、思いついた言葉が先に口から出でしまう時に、倒置が起こります!

種類

よく見られる例を出していきます!

話題化

主語以外の語句を文頭に持って行く移動です。

~についての話なんだけどさ、」という風に

 

会話の話題を出すときに使います。

 

(1) [The cafe] I usually go to t for writing blog.

(そのカフェはブログを書くために普段通っている場所だ。)

アキト
tは[ ]が元々あった場所を表しています。

 

これは情報構造のパターンですね。

くーた
コーヒー1杯で粘ってるから絶対店の人に覚えられてるね!

 

場所句

場所や方向を表す語句が来てから、本文に入るパターンです。

小説などにあらわれることが多いです。

 

日本語でも「むかしむかしある所に

という風に、時間と場所が文頭に出ることがありますね。

 

 

(2)[On an island in the Orient] lived a man, Ushiwakamaru.

(東洋のある島に、牛若丸という男が住んでいた。)

くーた
海外目線の日本の歴史の本に書いてそう!

 

この形式で使われる動詞は存在、出現、消失を表す動詞になります。

よく使う動詞
be, come, stand, ran,  walk, disappear, vanish

 

また、最初に書いた

(3)[Here] comes Mary,

(ほら、メアリーが来たよ!)

 

という文も場所の移動を表す移動になります。

 

こちらは急に人や乗り物などが現れたため、驚いて文頭に来たパターンです。

(4)[There] goes the last train.

(あぁ、最後の電車が出ちゃったよ)

アキト
主語が人を表す代名詞の時は、倒置しないのに注意です!

 

目的語

動詞の目的語も感情の高ぶりで、文頭に出ることもあります。

 

(5) [Really good service] they serves t at the cafe.

(本当に良いサービスなんだぜ、そのカフェは)

 

(1)の話題化と同じですが、ちょっと意味が違うのに注意です!

アキト
ちょっとカフェに申し訳なくなってこんな例文になりました

 

否定句

neveronly などの否定句が文頭に倒置されるパターンです。

 

ポイントは否定句が倒置されると、その後に助動詞もついて行っちゃう点です。

 

(6) [Never] have I t heard such a story.

(そんな話聞いたことないぞ。)

(7) [Only then]did I realized how much he means to me.

(その時初めて、彼がどれほど大切な存在なのかがわかった。)

くーた
感謝しろよ!

 

また、よく使う表現はこちらです。

よく使う表現

Never 決して~ない

Seldom めったに~ない

under no circumstance どんな事情があっても

few ~はほとんどない

not 名詞 一つの…も~しない

only then その時初めて

no sooner ~するとすぐに

公式
否定表現+助動詞+残りの文

条件節の倒置

条件を表すifが省略されることがあります。

 

格式高い文で使われることが多いですが、

新聞で文字数を減らすために使われることもあります!

 

(8) Had we t met sooner, we could have been couple.

(もっと早く会っていたら、付き合えていたかもしれないね。)

くーた
そんな励ましはいいから、今付き合って!

 

(8) の元の文は

If we had met sooner, we could have been couple.

です。

 

ifが消えたところに、hadが倒置しているので、(8)の順番になります!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

文法の中では結構ややこしい話なのですが、

 

会話や文の中でバンバン出てくるので書いてみました。

 

他にも補部、副詞、分詞、比較 の文なども文頭に出るのですが、

代表的なものを挙げています。

 

倒置のおこる理由

・すでに言われた文(旧情報)から順に話すから

・気持ちの高ぶりによって文頭に語句がくるから

 

の2点が原因でしたね。

 

会話や文章の中で現れても焦らないように、

どの部分が倒置されているかを考えて判断しましょう!

 

それでは!

くーた
この記事に関する感想、質問、コメントなどをもらえたら嬉しいです!
アキト
ブログランキングに参加中です。よかったら応援お願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ

 

文法が大体わかったら、英会話に挑戦してみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です