「分かる」は英語で何て言う?knowだけじゃない、7種の動詞を比べてみた

この記事は約 9 分で読めます。
アキト

こんにちは!元通訳担当のアキトです!(詳しいプロフィールはこちら)今日も将来に向けて英語学習を頑張っていきましょう!

 

日本語で「分かる」って言うと、

理解するとか、納得する。とか色んな言い方がありますが、

 

英語でも場面によって違う単語を使います!

 

勉強が分かるのか、人の話が分かるのか、

また、分かる度合いによっても違います。

 

ちょっと英会話のレベルを上げるために、語彙を増やしていきましょう!

 

種類

まず英語の動詞は基本的に大きく2つに分類されます!

 

動作を表すものと、

状態を表すものです!

 

今回の「分かる」という動詞を例に考えてみると、

 

状態動詞は頭の中に「分かっている」という状態を持っています。

 

それに対して動作を表す動詞は、頭の外から知識が「入ってくる」という違いがあります!

 

くーた
単に「分かる」って言っても違いがあるんだね!

 

使い分け

know

特定の事実や状況を「知識として」知っているイメージをもつ状態動詞です。

 

一番一般的な言葉になります。

 

(1) Do you know what happened yesterday?

(昨日何が起こったか知っていますか?)

 

昨日の出来事が頭に入っていますか?

ってことを聞いていますね。

 

realize

動作の意味としては、今まであやふやだったものが事実として分かる。

 

状態動詞としては十分に認識している。

という意味を持ちます。

 

real (現実)+ize(~にする)という意味なので、

確かじゃなかったことが、現実のものとして理解できるようになったと覚えましょう!

 

 

(2) It wasn’t until I was away from my family that I realized how great my parents were.

(離れてみて初めて両親の偉大さが分かった)

 

くーた
ウザいと思ってたけど、1人暮らしして初めてスゴさに気づくよね
アキト
君は生まれた時から僕が引き取って育ててきたんだけどね。

 

appreciate

ap(~に)+preciate(価値をつける)ことから

本来の価値が分かる。というイメージです

 

事の重大さが分かったり、芸術などを鑑賞する。という意味もあります。

 

アキト
感謝する。だけじゃないんだね!

 

 

(3) Finally, the time has come for my work to be appreciated.

(ついに僕の作品が評価される時代になった)

アキト
やっと芸術家が生きやすい時代がやってきましたね

 

 

くーた
ここで休憩!僕のアキトの海外体験も良かったら読んでみて!

海外体験まとめ10選

recognize

re(再び)+cognize(知る、学ぶ)

ということから、

 

何かを、以前見たもの、知っていたものと分かる。

という意味です。

 

(4) I recognized right away it was the song I’d been listening to in high school.

(すぐに、高校時代聞いていた歌だと分かった。)

 

 

くーた

音楽を聴いたら、聴いていた時のこと思い出すよねー!昔の恋愛とか

 

 

understand

under(~の下に)+stand(立つ)

ということから、あることについての知識を持つ→

事実、方法、過程、状況などが深くわかる。という意味になります。

 

状態も動作も表す動詞です!

 

(5) I don’t understand what she’s thinking.

(彼女が何を考えているのか理解できない)

 

アキト
彼女にフラれる3日前ですね

 

ちょっとした話ですが、

大人の人に

 

Do you understand?

(理解してますか? )

と聞いてしまうと、人が主語になっているので、

「あなたは」私の言うことが分かりますか?となり、

 

最悪、先生が児童に内容を理解できているか聞いているようになります。

 

なので

Does it make sense?

と言って、

 

「私の言ってることは理解できる内容ですか?」

「言葉足らずではないですか?」

 

という風に、聞いてみましょう!

類義語
understand は理解した結果、持っている知識を強調する。

comprehend  理解に達するまでの心の過程を強調。

 

tell

元々は、一つ一つ数えて語る。という意味です。

 

そこから、違いが分かる、区別出来る。という意味になりました。

 

(6) I can’t tell which part of her makeup she changed.

(彼女がメイクのどの部分を変えたのか見分けられない)

 

アキト
○○ピンクが□□ピンクになっても気づけません
くーた
細かいところに気づいてやるのが、男ってもんだよ

 

get

説明や、話、物事の意味を理解するときに使います。

 

主に話し言葉で使いますね。

 

(7) I don’t get what you mean, please explain in Spanish.

(言ってることが分からないので、スペイン語で説明してください。)

 

くーた
いや、余計分からんくなるわ!

 

類義語

see →(話し言葉で)

follow →話についていく→事実・考えを理解する

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

「わかる」の違い、分かりましたか?

くーた
ややこしいな

 

日本語では一つの単語を色んな場面で使いますが、

英語では色んな言葉で表現できます。

 

know とunderstandだけでも会話は出来ますが、

 

より上のレベルを目指すためには他の「分かる」も

わかるようにしましょう!

 

その他の英語学習記事はこちらです↓

英語記事まとめ

 

以上です

ここまで読んでいただきありがとうございます。この記事に関する感想、質問、コメント等があったら教えてください!

 

くーた
文法がある程度分かったら、英会話に挑戦してみよう!詳しい手順はこちら!

アキト
英語やスキルを身につけて、好きな仕事をするために頑張っていきましょう!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です