英語のアウトプットの方法8選を手軽な順番に紹介します!

アキト
こんにちは。元通訳担当のアキトです!今日も将来に向けて英語学習を頑張っていきましょう!

 

今日は、英語のアウトプットの重要性や

する方法について書いていきます!

 

 

よく言われる、日本人が英語を話せない理由は

ズバリ、このアウトプットが足りないからなんです!

 

最近では、スピーチやディベートの練習も授業で増えてきているそうですが、

 

通訳者で大阪府立大学教授の小倉慶郎先生も

 

日常で英語を使う必要性が無い僕たち

どうしても不足しがちだと著書で書いています。

 

アキト
スウェーデンで会った高校生は、日常で使うので喋れていました

 

日本語の発表やスピーチも練習しないと出来ないのと同じように、英語でもアウトプットが大事です!

 

それでは見ていきましょう!

まずはインプット

くーた
アウトプットが大事って言ったじゃん!

 

 

僕たちは中高で英語を習ってきているとは言え、

受験が終わって使わなくなってるので

 

知識自体も抜けていってしまっています。

 

 

なので、最初のうちはインプットの割合を多めに始めて

慣れてきたら、シャドーイングなど、

 

アウトプット中心の練習にシフトしていくのをおススメします!

 

アウトプットの種類

アウトプットはライティングスピーキングに分けられます。

 

 

スピーキングの方が手軽にできますが、

個人的にライティングの方が大事と感じています。

 

理由は

書ける言葉は、話すことが出来るけど、

話せて書けないことはあるからです!

 

アキト
綴りの問題もあるし、話す方が手軽ですね

 

まぁどちらも大事なのですが、

続けてもらうのが一番なので

 

 

この記事ではその2つを

 

手軽度

役立つ度

に分けて、手軽な順番から紹介していきます!

 

それではライティングから見ていきます。

 

writing

SNS

手軽度   ☆☆☆☆☆

役立つ度  ☆

まずはSNSが簡単ですね!

 

今日覚えた単語をTwitterで呟くだけでも

何もしないよりは良いです!

 

 

英文で気づきとかを書いて載せると、
ちょっと意識高い人って思われるので、

気になる人は、別のアカウントを作ってやってみましょう!

 

Hello talkという、外国人と言語を教えあえるSNSだったら、

自分は日本語を教えて、相手に英語を直してもらうことが出来ます。

 

 

ただ、一応SNSなので

 

・相手は英語の先生ではない

・関係作りに時間がかかる

 

というデメリットがあります。

 

アキト
手軽に始められるけど、僕はめんどくさくなってやめてしまいました

 

日記

手軽度   ☆☆☆☆

役立つ度  ☆☆

 

続いて英語日記です!思ったことを

数行でもいいので、その日あったことを書いてみましょう

 

 

何か違うことをしよう!っていうモチベーションになり、

少し毎日が豊かになる効果もあります笑

 

 

日記だけでは、合ってるか分かんないので、

知り合いの英語が分かる人に定期的に直してもらうと、

 

効果抜群になります!

 

 

どんどんテーマを変えたり、文字数を増やしていけたらレベルアップ出来ます!

 

 

欠点はネタが無くなったり、やらなかったりと

意外と続けるのが難しいので、継続することを意識しましょう。

 

ディクテーション

手軽度   ☆

役立つ度  ☆☆☆☆

 

流れてきた音声を、書き写していく練習です。

結構難しいんですけど、

 

書き写すくらい集中して聞くので

リスニングも出来ますし、

 

 

書く内容を決めなくていいので、

作業としては難しいのですが、

 

 

自由英作文ではないので、

流れてくる音を書いていけばOKです。

 

 

やや受動的な作業ですが、

インプットとアウトプットを同時に出来ます。

 

難しいので、ある程度英語が聞けるようになってから挑戦してみて下さい!

 

 

続いて、スピーキングを紹介していきます。

 

speaking

ひとり言

手軽度   ☆☆☆☆☆

役立つ度  ☆☆☆

まずはひとり言です!

生活してて、気づいたことや思ったことを

 

ブツブツ呟いていきます!

 

I’ll have breakfast, blush my teeth, and change clothes~♪

など思ったことをミュージカルのように、喋ってると楽しく続けられます笑

 

くーた
英語でブツブツ言ってて怖い

って思われることもあるので、車の中や家の中ですると安全です!

 

 

やってみると、

これ英語で何って言うんだろ?

 

っていう疑問がどんどん出てきて

 

 

何が分からないのか分かるようになって

上達が早まります!

 

音読

手軽度   ☆☆☆☆

役立つ度  ☆☆☆☆☆

続いて、音読です!

 

音声付きの文章を用意して、聞いてから行うと効果が上がります

資格試験の本でもいいし、音読の本を買ってOKです

 

 

readingと同時に出来るので

 

インプットも同時に出来ますし、

自分の声でリスニングも出来ますし、

 

 

メリットだらけです笑

 

 

勿論これだけでペラペラに~

ってわけじゃないので、基礎トレ―ニングと思ってやってみましょう!

 

 

瞬間英作文

手軽度   ☆☆☆

役立つ度  ☆☆☆☆

これは本の左右のページが日本語と英語になっていて、

 

どんどん日本語を英語に直していけるトレーニングです!

 

短い文ですし、

すぐに答え合わせが出来るので楽しくできますね。

 

英会話の基礎が身につく練習です!

オンライン英会話

手軽度   ☆☆☆

役立つ度  ☆☆☆☆☆

 

続いて、流行ってきているオンライン英会話です。

パソコン開いて、予約したら出来るので

 

アキト
結構手軽ですね!

 

初心者のコースから、ニュースについて話すなど、

色んなコースがあるのですが、

 

 

まずは、単語・文法を固めて、

音読の癖がついてて、

 

リスニングも出来るようになってから挑戦してみてください。

 

 

自分でやっても出来ることまでも、教えてくれるので

 

余分なお金を使ってしまう恐れがあります!!

 

くーた
1人で出来ることをやり切ってから挑戦だね!

リアル英会話

手軽度   ☆

役立つ度  ☆☆☆☆

これが、アウトプットの最終目標ですね!

meet upというサイトで外国人がいる集まりに行ったり、

 

外国人がいるカフェ・バーなどに顔を出すのもいいでしょう。

 

アキト
僕は公民館でやっている、ALT向けの日本語教室に行って仲良くなってました

 

実際に勉強してきた英語を使って

発音・使い方が通じるかどうか試してみて下さい!

 

 

ただ、これも相手が先生じゃなかったら

発言を直してはくれないので、注意しましょう!

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

高校生までは、テスト勉強のために、

インプット中心の勉強をしてきたと思いますが、

 

 

英会話をしようと思ったら、

アウトプット中心の練習が必要となってきます。

 

 

まずは、基本となる単語・文法をインプットして

その後音読を中心としたアウトプットを重ねることで

 

 

英語が話せるようになっていきます!

 

 

それでは!この記事に関する感想、質問、コメント等があったら教えてくださいね。

くーた
英会話をする手順はここで紹介してるよ!

アキト
英語やスキルを身につけて、好きな仕事をするために頑張っていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です