海外で友達が、謎の宗教に入信しかけた話とその手法

アキト
こんにちは、通訳を担当しているアキトです。

今回はトロントでの失敗談です。

 

僕、というか
相棒の韓国人ジャスティン君が

謎のキリスト教に入信しかけたんです!

 

なかなか無いとは思いますが、
日本でも起こりうる話なので

どのような手法で
勧誘してきたのか

 

簡単な対策を書いていきます!

経緯

why_church
トロント生活にも慣れてきて
学校も仕事もこなせるようになっていた時のことです。

 

大抵のことは英語で伝えられる
ようになっていました。

しかし

アキト
時間はあるけど、金はな

なので、無料で英語学習できるところを探していたんです。

 

別の教会の存在

other_church
実はこのジャスティンとは別の教会の英語教室で出会いました。

(ちなみに彼とは、別の場所でもやらかしました笑)

その教会は毎週変わるトピックについて
話す所で、すごくスピーキングの練習に
なりました。

 

が、週2回だったので
また、別の教会を探しにいったというわけなんです。

くーた
教会二つも行くってホント神に失礼!!
アキト
ほんとは合唱団も含めて3つ掛け持ちしていました笑

その記事はこちら

 

そしてこの教会が結構勧誘してくるところだったので、ちょっとマーケティング目線で

どんなことをしていたのか
書いていきます!

教会の手法

method_church

無料集客

初月無料で使い放題、とか
スーパーの試食とかもそうですね!

 

無料で商品を紹介しておいて、集客する方法です。

 

この教会で無料英語教室を
無料のオファーにしていました!

くーた
それに乗っかったんだね

 

先生もキレイな人だったので、
結構楽しく通っていました笑

 

が、通っていてちょっと気になることが増えてきました。

勧誘始まる

movie_instruction

刷り込み教育って感じですかね。

 

何度も見たり聞いたりしているうちに

意識に刷り込んでいく感じです。

 

まず一つ目は

教材にちょいちょい神出てくる

existance_god
godって単語は

May god bless you

(神の御加護がありますように)

 

位しか日常で使わないものだと思っていたんですけど、

 

 

アキト
例文やたとえに、やたら出てくる!

聖書の内容で英語学ぼう
っていうのもありました。

 

今思えば怪しすぎるんですけど、

程よい難易度だったのもあり、ついつい
読んでしまっていました笑

 

パーティの最後に


年末に、宣教師や教会の参加者を集めて
ご飯持ち寄りのパーティがあったんです。

(ちなみに僕はお好み焼きを作りました。)

アキト
覚えておくと、海外で簡単に披露できますよ!

 

普通におしゃべりしたり、
交流のゲームもあったので

よかったのですが、

 

最後に、たぶんめっちゃお金かけて
作ったgodを称える動画を見せられました笑

くーた
セミナーの後に布団買わされる
みたいな感じだね!

 

最後に神に感謝

appreciate_god
毎回の授業の後に。

thank you be to god for ○○
みたいな感じで

例えば

 

thank you be to god for letting me
study English.
(神様英語を勉強させてくれてありがとう)

とか言ってました。

 

自分考えて言葉を作るので
だんだんとgodって良いもんだな

って思えてきましたよ。

 

くーた
順調に洗脳されてるやんけ!

結果

少しだけ英語力伸びる


何だかんだ、新しい語彙も教えてくれるし
(特に宣教師(missionary)は一生忘れないでしょう)

 

スピーキング力も伸びました!

 

教材はgod推しでしたが、普段触れない英語に触れることが出来たので結果オーライでした。

 

ジャスティン、入信しかける


やっと本題です!

教会に行き初めて2か月目くらいの時に
急にジャスティンが

Akito~I may get baptized next week~

とか言ってきました。

 

くーた
まずbaptizeって何だよ!

なりましたが

 

調べたら動詞で洗礼を受けさせる。

 

みたいな意味だったので

アキト
ヤバい、こいつ入信する!!

 

と思って止めました。

それで、僕も冷静になって
教会から去りました・・・

考察

二つの心理的用語から、この話をまとめます!

マズローの5段階欲求説

5stage_desire
高校の時の現代社会でも
習った内容ですけど、

 

人は組織に所属したいという欲求があります。

 

生理的な欲求が大体満たされて、
安全が大体確保されていたら

 

人は居場所を求めるということです。

 

現代では、安全生理的欲求には困らないので

 

寂しい思いをしていると、寄り所を求めて
集団に所属したくなるわけですね。

 

くーた
なので、寂しくなっても変な組織にはいるのはやめてね!

日本にいても何かの安全な集団に属しましょう!

 

返報性の法則

return_habit
人間は何か良いことをしてもらったら

それを「お返ししないと、申し訳なくなる
という心理を持っています。

 

ここでは、無料で英語を教えてもらっているので
言うこと聞かないと」って思っちゃうんですね。

 

意識しないと、流されてしまうので、こういう法則があることだけでも知っておきましょう!

くーた
親切にされても、ダメなことはダメ!

まとめ


いかがだったでしょうか?

海外に住んでいたら、
思いよらぬ、出来事が舞い降りてくるものです。

 

それをちゃんとかわせるように
英語力と色んな知識を身につけて
おくと心強いです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。この記事に関する感想、質問、コメント等があったら教えてくださいね。

 

くーた
読むと英語学習のモチベーションになる最初に読んでほしい10記事を選んだよ!まずはこちらから読んで!
アキト
英語やスキルを身につけて、好きな仕事をするために頑張っていきましょう!

2 件のコメント

    • コメントありがとうございます!キリスト教にも色々種類があって、この勧誘されたのはモルモン教と呼ばれるものです。日本でもたまに見かけるので気をつけてください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です