瞬間英作文で初心者でも英語力を上げる方法と気をつけること

アキト
こんにちは通訳を担当してるアキトです。今日も将来に向けて英語を勉強していきましょう!

 

普段から英語を勉強をしていても

英語がすぐに出てこない。

 

って時ありませんか?

もちろん、丸暗記しても効果があるのですが、

 

相手の言葉に反応するために

言葉の反射神経も鍛えていきたいですよね!

 

今回はそんな状況を解決する方法の一つとして

 

瞬間英作文の練習を紹介してみたいと思います。

 

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」

という本を使って瞬間英作文の効果を検証してみたので

方法と、気づいたことをシェアしていきたいと思います。

理由

そもそも何で、英語がとっさに出てこないの?って理由を考えてみました。

 

それはずばり

考えたことがないから or
少ないからです!!

くーた
当たり前やないかい!

 

僕たちは日本人なので、第2言語である英語を学ぼうと思ったら、

英語を脳内で組み立てる練習
が必要なんです。

 

でも普通に資格勉強とかしていても出来ないので

圧倒的に組み立てる為の練習が
足りていないんです。

 

そのための手段がこの瞬間英作文
というわけです。

 

イメージとしては、
英文を脳と口に染み込ませて、

本番では思い出すだけ。

 

アキト
本当の英会話で1から英文を組み立てるより簡単そう!

やり方

前提として

この本は左ページが日本語、

右ページが英語になっています。

 

順番はこんな感じです。

1、左ページの日本文を見て英作文する

2、右ページの英文を見て答え合わせ

3、何度も発音して英語を覚える

4、英作文の流し

くーた
日本語を見てパッと英語に直すのが大変そう!!

けど、練習なので、その後何度も英語を発音するのがポイントです!

 

こうすることで脳と英文の結びつきが強くなり、次に日本語を見た時にぱっと思いつきます。

効果・思ったこと

中学生レベルでも難しい

扱っている文法は中学校レベルなんですが、日本語を見せられて

はい!英語で読んで!

 

と言われたらなかなか大変でした。。

 

えっと彼は、だからhe is…みたいに訳しているタイムラグがあるのが自分で感じられました。

 

そのタイムラグを限りなく短くしていく練習だと実感できます。

 

CDで行うとより、実践に近い状態で出来る

音声を聞いて、数秒間の空白の時間に英語に訳し、その後答えを聞く。という練習が出来ます。

 

くーた
より本当の会話に近いね!

僕たちは受験勉強から英語学習を始めた人が多いので、どうしても文字を見て英語を考える癖がついてしまっていますが、

 

本来の言語はです
(文字はそれを記録するために作っただけ)。

音を聞いて音を発するのが、
言語の王道です!

 

なので、この練習を家や車の中などで
ブツブツ言うのが大事です!

応用方法

続いて応用方法を書いていきます。上二つはテキスト書いていた方法で、

下は僕が考えたものです。

 

1、順番をランダムに

まずは文法の難易度を変えずに
順番だけ変える方法です。

 

今までは教科書の順番通りでしたが、どの文型が来ても対応するのが、難しいところです!

 

本の文中では、中学の教科書ガイドや、
高校入試用の長文を推薦しています。

特に長文は中学レベルの文法が次々と現れるので、英作文トレーニングとしては最適です!

 

くーた
ちょっと実家の本棚探してみるか!

 

2 文法レベルを高校生にまで上げる

上記の練習で英文作りの基礎が出来ているので、

頭の使い方は同じです。ただ文の種類が増えるだけと思って練習してみましょう!

 

アキト
これまでの練習が出来たら文法が難しくなっても出来ます!

3 単語帳の例文で行う

これは例文がついている単語帳を使う必要があります。

日本文を見る→英文を作ってみる→答えを確認→何回か発音する→また日本文を見て英文を作ってみる。

 

というサイクルを単語帳でもやってみましょう。ちょっと目的は変わりますが、単語学習にも応用できます。

 

アキト
テキストは英検2級くらいでもいいですし、DUOもおすすめです!

 

4 海外ドラマで行う

急に難易度が高くなりますが、
洋画を教材にしてみましょう!

 

リスニングの練習の時は、
音だけ聞いてから始めますが、

瞬間英作文の時は軽く内容を理解した上で日本語字幕&音声無しの映像で瞬間英作文を行い、

 

再度英語字幕で答え合わせをしてみましょう!

本語と英語字幕は必ずしも一致しないのですが、良い練習になります!

 

5 日常生活で英作文

最後に日常生活の出来事を英語に直してみる。という練習です。

 

これは答え合わせをする手段がないので、メモしておいてdeepLなどの翻訳サイトで答え合わせしてみるといいでしょう!

日本のことを説明する練習になりますし、常に英語で考えることで日本にいても英語脳が出来てきます!

 

アキト
カナダにいた時はしていました!日本でも出来たらいいトレーニングになります!

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

今日は瞬間英作文について
紹介してみました!

英語は受験勉強でしかやったことがない人は普段と脳の違う領域を使うのですごく疲れると思いますが

 

英語が喋れるようになるためには、
必要なスキルなので、

ぜひやってみてください!

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。この記事に関する感想、質問、コメント等があったら教えてくださいね。

 

くーた
読むと英語学習のモチベーションになる10記事を選んだよ!まずはこちらから読んで!
アキト
英語やスキルを身につけて、好きな仕事をするために頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です