英語でカラオケを歌うための5ステップを紹介します!

アキト
こんにちは。通訳を担当しているアキトです。今日も将来に向けて英語を勉強していきましょう!

 

僕、学生時代は英語学習の傍ら、バンドでボーカルをしており、

また合唱部にも入って全国大会にも行ったことがあります。

 

なので洋楽をカラオケでもちょくちょく歌ってきました。

 

でも洋楽って

・会話と違う独特の間があって難しい。

・周りに知っている人が少なくて歌いにくい

・字幕を読んでるうちに進んじゃう

などなどあって結構ハードル高くないですか?

 

僕も基本は日本語の曲を歌うんですけど、

たまにかっこつけて洋楽を歌いたくなる時があります。

 

大学生になってカラオケに行く機会もあると思うので

この機会に洋楽を歌う練習をしてみましょう!

洋楽を練習するメリット・デメリット

メリット

まずはメリットですが、以下のようなことが挙げられます。

 

子音の発音に注目することが出来る

感情を込める練習が出来る

アクセントが分かる

・音のつながりが分かる

まずは子音について。

 

日本語が母音を大事にする言語なのに対して

英語は子音が大事な言語です。

 

日本語は母音だけで話しても、少し通じますが、

英吾では通じません。

 

逆に、shとかthとか細かい子音の違いを聞き取って

理解しています。

 

なので子音と向き合う時間を作ることはメリットだと思います。

くーた
確かにネイティブはどうやって英語を理解してるかって言われたら子音を聞いてるね!

 

もう一つ、英語で感情を込めたことがありますか?

どうしても第二言語なので棒読みになってしまいがちですが、

 

歌手の気持ちになって感情を込めることで

普段の発話にも応用することが出来ます。

アキト

僕は合唱で意味があんまり分かってないラテン語ドイツ語

感情を込めて歌う必要があったので、感覚が身に付きました。

デメリット

喋れるようにはならない

普段喋る英語とは異なる

デメリットというほどではないのですが、

英会話を覚えるためのステップをして

 

洋楽を覚えることは最速のステップではないです。

英会話を極めたかったら、英会話のためのトレーニングが必要です。

 

英会話のトレーニングに関してはこちらの記事で紹介しているので

参考にしてください。

独学で英語が喋れるようになる最速の方法

練習する前に知っておくこと

要素に分ける。と言うことです。

 

例えば、野球なら、打つことと、守ること。

英語学習なら、リスニング、ライティング、リーディング、スピーキングに分けるということ、

 

といった感じです。

個々のスキルに分けて練習することで

確実にマスターへと近づきます。

 

で、歌で言うと、歌詞とメロディーに分ける。ということが出来ます。

 

それを踏まえてステップを見ていきましょう

ステップ

課題曲はOne Direction のStory of My lifeでいきましょう!

1.曲を「ラ」とか「テ」とかで歌う

まずはメロディーに集中です。

歌詞や発音は気にしなくていいので、

 

何度も聞いてみましょう。

 

そしてメロディだけに注目して

「ラ」でも「テ」でも自分の好きな文字で歌ってみてください。

アキト
1音符に1つ「ラ」が来るように歌うのがポイントです!

2. 歌詞を見て意味のある語に色を塗る

これは英語がある程度分かったら行ってほしいステップです。

(もし分からなかったら飛ばしてもOKです!)

 

曲を聴きながら英文の中の意味のある品詞(名詞、動詞、形容詞、副詞)に色を塗ってみてください。

 

Story of My lifeの最初の2行を引用してみました。

どこが意味のある語かわかりますか?

Written in these walls are the stories that I can’t explain

I leave my heart open but it stays right here empty for days.

くーた
意味のある語は大体長いから、とりあえず長い語を見とけばいいね!
アキト
againstやalthoughなど、長い機能的な語もあるので注意です。

 

答えは

Written in these walls are the stories that I can’t explain

I leave my heart open but it stays right here empty for days

となります。

 

意味のある語同士が並びあったら、強くなるのはどちらかだけになるので注意です。

3.大げさに音読練習

メロディーと一緒に読む前に、赤く塗ったところを意識して歌詞だけ音読してみてください。

(音程を気にせずに)

 

大げさに」というのが少しポイントで、

ここで大げさにしておくと、後で少なくするときに簡単に出来ます

 

歌詞と一緒に歌う時に大げさに直すのは難しいので

歌詞読みの段階でやっておきましょう!

4.簡単なところから歌詞を入れて歌う

サビの部分から練習をすることをおススメします。

 

大抵の歌は、サビがシンプルなので、挫折を防ぐことが出来ます。

くーた
最悪サビだけ歌うっていう、ことも出来るもんね!
アキト
それちょっとめんどいやつですね。頑張って全部歌ってほしいものです。

 

Story of My LifeはこのままStory of My Life!っていうので、サビから勢いに乗りましょう!

5.一人カラオケ

あとは数をこなすだけです。

自宅や車の中、勇気があれば一人カラオケで練習してみてください。

 

日本語の歌に比べて圧倒的に練習時間が足りていないので

実践あるのみだと思います。

注意

カラオケで洋楽を歌う時はちょっと周りの空気を読むようにしています

くーた
好きな歌うたえばいいじゃん!

っていう友達同士ならいいですが、目上の人と歌うときなどは注意です!

 

アキト
僕は10代から、60代まで集まる飲み会で披露したら、盛り上がりづらくて変な雰囲気になりました。

まとめ

いかがだったでしょうか?

洋楽はちょっとハードルが高いって言う人は

英語で歌っている日本人アーティストに挑戦してもいいと思います。

 

one ok rockさんとかは歌いやすいので(音程は高いけど)オススメです。

 

英語学習への最短ルートじゃないですけど、英語への理解は深まります

ぜひ挑戦してみてください!それでは!

 

くーた
ブログランキングに参加しています。よかったらぽちっとお願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です