英語の勉強がなかなか続かない理由と続けるためのコツ4選!

アキト

こんにちは!元通訳担当のアキトです!(詳しいプロフィールはこちら)今日も将来に向けて英語学習を頑張っていきましょう!

 

英語の勉強のモチベーションがなかなか続かない時ってありませんか?

 

僕はめちゃくちゃあります!!

特に単語学習は嫌いで、結構さぼっていました。

 

 

ただ、英語って明日急に出来るようになるものじゃなくて

 

成果を出すには結局続けるしかないんですよね。

 

 

英語が必要だけど勉強したくない。

って気持ちを振り切ってちょっとずつやってみましょう!

 

 

この記事の中から自分に合うものを選んで実践することで

必ず続けられるようになるので最後まで読んでみてくださいね!

英語の勉強が長続きしない理由

目標を見失っている

英会話が出来るようになりたい、

TOEICなどの資格を取りたい

 

というのを忘れていませんか?

 

 

日々のルーティーンをこなすことに一生懸命になってしまって

肝心の目標自体を忘れてしまっています!

 

 

英語がペラペラになって外国人と話している姿や、

TOEICで良い点数を取ってやりたい仕事をしている自分を想像しましょう!

 

そして想像だけだと忘れてしまうので、

理想の自分に似た写真行きたい場所の写真等を目に見えるところに置いておくといいですね。

 

目標から逆算して学習計画を立てていきましょう!

 

アキト
僕は一時自分の理想の姿の絵を飾って、デスクトップも外国人が話をしているものに設定していました!

 

 

夢は忘れるから、叶わないのであって

忘れずに継続することで、実力を上げることが出来ます!

 

習慣になっていない

時間が空いたら勉強しよう!

って思ってたら勉強はなかなか出来ません。

 

くーた
僕のことじゃん!!

 

学習時間は意識して日常に組み込んでいくのが重要です。

 

 

なので朝起きて、歯磨きの後に単語の復習。

昼ごはん食べたら音読をする。

洗い物をしながら英語ニュースを聞く

寝る前の20分布団の中で単語を暗記。

 

っていう感じで生活の合間に英語学習をする時間を組み込んでおきましょう!

 

仲間がいない

今まで勉強も運動も友達とやってきたはずなのに、

大学に入って、いざ1人で頑張ろう!

 

って思ってもなかなか難しいです。

 

 

やらなくても学校みたいに誰にも怒られないし、

1人で継続するのはハードル高いですね!

 

くーた
僕は1人で散歩すらいけないから英語の継続なんて、、

 

なのでまず学部やサークルで同じように英語学習に取り組みたい仲間を見つけましょう!

 

 

基本は1人で勉強・練習することになりますが、

週に1回集まって一緒に勉強するなどして、続けることを目指しましょう!

 

 

成果が目に見えない

語学力は目に見えないので、

上達が感じられなくて止めちゃう。っていうのはよくあります。

 

アキト
もう少し続けていれば上手くなっていたのに。。

 

これやっている意味あるのかな?って思ってしまったら、

急にやる気がなくなるので、

 

 

まずは学習記録をつけましょう。

単語○分とか、音読○分という感じです。

 

 

英語力は急には上がりませんが、

これだけ勉強したぞ!っていう努力の成果が目に見えて分かります!

 

なので一番簡単に成果を見る方法になりますね。

 

 

また英語力の成果を見るために

 

英会話だったら、オンライン英会話を利用したり、外国人と話してみる。

資格試験だったら定期的に試験を受けてみる。

 

ということをやってみましょう。

 

くーた
あんまり変わってなくてショックを受けるかもしれないけど、その時は学習記録を見直して改善していこう!

 

英語学習を続けるコツ

楽しみながらやる

英語を勉強ではなく趣味のようにしてみましょう!

 

やらされてる感が無くなって、主体的に楽しめるからです!

 

 

筋トレも部活の時はただきついだけだったかもしれませんが

自分で趣味として始めたら、変化が出来てきて楽しめるものですよ

 

 

  • 前より単語を覚えた
  • 映画を見て楽しい
  • 海外のニュースを見れる・読めるようになった
  • 外国人とお喋り出来る

っていう風に自分の進歩を楽しんだり、

 

アプリを使ってゲーム感覚で学習するなどして

勉強しなくちゃいけない。

 

っていう意識は止めて楽しく英語と触れ合いましょう!

 

 

始めるまでのハードルを低くする

他に注意を逸らされずスムーズに勉強を始められたら

英語学習が続きやすくなります。

 

いかに、英語に触れやすくするかがポイントです。

 

なので対策としては

  • 携帯の設定を英語にする
  • ニュースは英語で見る
  • 空き時間に英語を聞く
  • 英語の本を家の各所に置いておく
  • ひとり言英会話をする
  • 机はいつもきれいにしておく

 

などをして、英語に触れるのを当たり前にする。

 

 

というのが大事です!

 

その延長で、試験勉強の参考書を開くとスムーズにいきますね!

 

短い時間から始める

最初から毎日3時間やるぞ!って意気込んでも続きません。

 

アキト
いや俺なら出来る!きっとできる!!

多分できても1週間です。

 

理由は、今までの生活とのギャップがありすぎるからです。

 

なのでギャップを作らないように

1日15分を楽しみながら毎日続けてみて、

 

 

当たり前にしていって増やしていくというのが無理なく続けられます!

 

まずは30分~1時間くらいを毎日続けることを目標に勉強してみましょう!

 

罰ゲームを決める

ちょっと荒療治ですが、英語の勉強をしないと罰金!という風に友達とプレッシャーをかけ合うのも手です!

 

理由は人間、○○出来るようになる!

という喜びよりも

 

○○を失う。っていう恐怖の方が行動しやすいからです!

 

で、ポイントとしては、

 

  • 罰ゲームは必ず行う
  • 払いたくない額に設定する

 

の2点です。

 

まず、罰ゲームはだんだんやらなくなってしまうので

審判?を用意するなどしてちゃんと行うのが大事です、

 

で、1万円とか、ちょっとリアルに困るけど払えなくもない額がオススメですよ

 

くーた
ちゃんとやりさえすれば、払わなくて済むもんね

 

お金が嫌だったらそれ以外でもOKです!

僕は毎日ふざけてこんな感じで自分に罰ゲームを課して勉強するようにしています!

 

Twitterに公開したからにはやらないといけないので

僕は毎日やってます。。

英語の勉強メニューの例

1日休みの人の勉強メニューの例です!

 

  • 朝は昨晩覚えた単語を復習する
  • 朝はリーディングの問題
  • 昼はリスニングの問題
  • 夜はシャドーイングか音読
  • 寝る前に単語を覚える

 

まず朝単語をする理由は、

 

昨晩覚えた単語が睡眠によって長期記憶になっているのでもう一度見ることで

定着率を上げることが出来るからです。

 

で、朝は一番脳が疲れていないので

一番自分が大変だと思うことをしましょう!

(ライティングでもokです)

 

なので時間を決めて行う模試のリーディング等がいいです!

 

 

お昼は、朝やった模試の復習リスニングの問題をやってみましょう!

午前よりはやや受動的な勉強に切り替えます。

 

アキト
空いている時間を使ってpodcastやyoutubeで英語のニュースを聞くのもいいですよ

 

で、夕方以降は頭というよりは口を使っていきましょう。

音読とシャドーイングは脳が疲れていても出来るのでオススメです!

 

時間があまりなくて、1つしか出来ない!

っていう人は音読”だけ”をしてもいいです。

 

ちゃんとすると、リーディングとリスニング、スピーキングを鍛えることが出来ます。

 

 

そして、寝る前に単語を覚えて、また次の日に続きます。

 

 

勿論、これ全部は難しいので、この時間にはこれをしよう。っていう参考程度に考えてくださいね!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

英語学習が続けにくい理由と、続けるコツについて僕なりに

書いてみました!

 

 

Twitterや学校の友達と仲間を作って、

楽しみながら徐々に取り組んでいくのがよいですね!

 

 

一日出来なくてもそんなにマイナスにはならないので

自分を責めずに、楽しく続けることを心がけましょう!

 

それでは!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

社会に出る前に

TOEIC800点が取れて、日常会話が出来たら

 

ちょっとカッコいいし、

1つのスキルとして使えますよね?

 

 

ただ、「英語が出来る」

だけじゃ仕事は出来ないのも事実。

 

なので、

TOEIC800点取る方法と、

日常会話を習得する方法に加えて、

 

 

僕が新卒で結果を出せた

仕事に関する考え方も加えた

 

無料講座を作成中です!

よかったら覗いていってください!

 

 

くーた
下の画像をクリックして見てね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です