英語が全然分からない大学生が知るべき、あなたでも出来る理由と最初に学ぶ3つのこと

アキト
こんにちは!海外営業のアキトです!今日も将来に向けて英語学習を頑張っていきましょう!

 

大学生になって、いざ英語を勉強し直そう!

って思っても

 

そもそも

 

大学入試までに高校で勉強してきた内容と

大学に入ってからすべき英語の勉強は少し違ってきています!

 

くーた
もう基本的に大学受験の為の勉強はしないからね?

 

基本的に論文読むか、会話をするか、資格試験

のどれかです!

 

 

どれも難しそうな気もしますが、

苦手意識を無くして最初の一歩を踏み出せば

 

「あとはやるだけ状態」になれます。

 

 

今回は英語が苦手な人が一歩踏み出すためのちょっとしたコツを書いていきますね!

あなたでも出来る理由

僕が「自分でも英語喋れるじゃん!」って思った理由を紹介します!

 

ぼくは元々英語は好きだったんですが、

実際に喋るとなると難しい。。

 

っていうタイプで、

 

留学した人が喋れているのを見ると、

羨ましいなーって思ってました。

 

アキト
海外に行ったことない壁ってデカく感じますよね

 

でもね。

ある日旅行で台湾に行った時、

 

屋台のおっちゃん達がめっちゃ

日本語で勧誘してきたんです!

 

「そこのお兄さん!」

「辛いもの食べれる?」

「元気出るよ!」

 

っていう風に、

勿論なまりはありますが、

かなり流暢でした!

 

 

しかもある程度の会話は出来ているんですよ!!

 

 

勿論商売の為っていうのもあるし、

歴史的に日本語を習った可能性もあるんだけど

 

 

でも

 

「その辺のおっちゃんが喋れるんだから、

大学まで行ってる自分はもっと出来るはずなんじゃないか?」

 

 

 

ってその時思ったんです。

 

くーた
大学生なめんなよーーー!!

 

後から知ったんですが、

何かを成し遂げるには3段階あって、

 

 

成功の3段階

・成功できる人がいる

・方法論が分かっている

・やる

 

 

っていう3段階です。

 

僕は台湾で、

「第二言語は誰でも出来る」

 

ってわかったので、

 

 

残りの「方法論を知って、やる。」

 

をすれば誰でも第二言語を扱えるようになる。

って確信して頑張りました!

 

(あ、台湾のおっちゃん達をディスってるわけじゃないんですよ!)

 

難しく考えないために

台湾の人の例や、僕の経験からちょっとでも簡単に考えるコツを書いていきますね!

 

対訳を考えてみる

おはようはgood morning

みたいに対訳を覚えてみましょう。

 

いきなり、英会話っていう言葉の最終形態に挑むから超難しいわけで

 

それは仕方ない→it can’t be helped.

お先にどうぞ→After you.

 

とか、場面ごとに使うフレーズを覚えてみましょう!

 

くーた
いやいやそれだけじゃ会話出来ないじゃん!!

って思うかもしれませんが、

 

少なくともその場面で、その言葉は使えるんです!

 

僕は日常会話フレーズ10000?みたいな本を丸暗記して、

そこから関連するフレーズを覚える

 

っていう手段を使ってました!

 

 

いきなり何を喋ったらいいか分かんない。

っていう状態は避けれたし、

 

結果的にネイティブとも意思疎通できるようになりました!

 

 

会話は出来なくても暗記は出来る!

 

音から入ってみる

 

ちゃんと解釈して読むことも大事なのですが、

音から英語に触れてみましょう!

 

仮に全く意味を分かっていなくても

音を発することが出来たら会話って出来るんです!

 

くーた
そ、そんなんでええんか!!

 

おそらく上記の台湾の方は会話は出来るけど、書けないと思います。

でも実際に第二言語を扱えてるんです!

 

テレビに出てくるような面白外国人の方を想像してくれてもOKです!

 

 

ネイティブみたいに発音できなくてもいいので

モノマネ芸人になった気持ちで、音を真似していきましょう!

 

 

音から覚えるのは他にもメリットがあって、

 

単語やフレーズを覚える時も音から入った方が速いんです!

 

単語自体を覚えるスピードも上がるし、

単語を覚えてから、会話で使おうとすると

 

後でまた音を覚えなおすっていう手間が要ります。

 

逆に音と一緒に覚えたら1回で済むってわけです!

 

 

音を覚えて、フレーズを覚える。

 

この順番を意識して見てください!

 

 

 

文法

 

決して極めようとしないでください!

 

大学受験の時は、学校の授業の延長で文法を大事にしてたと思いますが、

大学以降の英語学習は、英文法を極めてからやろうと思ったら

 

時間がいくらあっても足りません!!

 

なので、

 

文法が分からなかったら中学文法をまずはマスターしましょう!

 

英会話だったらそれでいけますし、

 

リーディングはある程度覚えて進んでみて、

読めない構文があったら調べる。っていう順番を意識して見てください!

 

 

必要なことだけをする。っていうのが早く極める秘訣です!

 

触れる時間を増やす

英語が苦手だからって、全く英語に触れない生活してませんか?

それだと、英語力は更に落ちて

 

苦手意識が上がってしまいます!!

 

 

なので例えば、、

 

・日本のニュースを英語で読む

・英単語をパラパラ見る

・海外ドラマ・映画を見る

・英語で日記を書いてみる

 

とか何でもいいのでコツコツ続けてみて下さい!

 

やってるうちに、コツを掴めたり

いいアイデアが浮かんだりします!

 

 

 

日本語だって、ずっと見てなかったら忘れるんですよ!!

アキト
トロント行った後は日本語で何って言えばいいんだろう、っていうイタイ奴になってました

 

だから、新しく学ぼうとしてる英語はなお更毎日触れることが大事です!

 

 

モチベーション湧かなくてもダラダラ努力してください。

 

 

「努力を0にするのが一番ダメ」

 

これ意識してみてください。

 

具体的に学ぶ順番

 

ここまで、チラチラ書いてきたのですが、

英語を学ぶ上での準備というか、

 

最初の3ステップを紹介します!

 

英語が分からなかったら、

必ずこの3つに戻って、どれかが足りていないかを確認してください!

 

3ステップはこれです!

 

 

英語の最初の3ステップ

発音

簡単な単語

基本文法

 

まず、発音を学ぶことで、

リスニングとスピーキングが出来るようになります!

 

で、それ以降の英語学習の効率がめちゃくちゃ良くなります!

 

 

その後は発音を意識しながら単語を覚えます。

自分で発音出来たら最高だけど、音声を聞きながらでもOK

 

文法も同じように音声を使いながら、

中学レベルの文法に取り組む。

 

ここまで出来たら資格試験や、英会話別の対策に取り組んで下さい

くーた
逆にこれが出来ずに他の勉強始めても、結局この3つに戻ってくるからね!

 

僕の作ってる講座でも、やり方を紹介していきますので

良かったら見てみてください!

 

 

まとめ

英語が苦手な人に対して、

 

誰でも出来る理由と、難しく考えないコツ、

 

そして最初の3ステップについて書いてみました!

 

 

僕的に、その辺のおっちゃんが喋ってるのに、

何年も英語を勉強してる自分が喋れないわけない!!

 

っていうのは本当にモチベーションになりました。

 

 

環境とか色々あると思いますが、

 

出来ることから少しずつ始めて

続けていけば出来るようになります!

 

 

分からないこととかがあったら、

コメントやお問い合わせで気軽に教えてくださいね!

 

それでは!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

社会に出る前に

TOEIC800点が取れて、日常会話が出来たら

 

ちょっとカッコいいし、

1つのスキルとして使えますよね?

 

ただ、「英語が出来る」

だけじゃ仕事は出来ないのも事実。

 

なので、

TOEIC800点取る方法と、

日常会話を習得する方法に加えて、

 

 

僕が新卒で結果を出せた

仕事に関する考え方も加えた

 

無料講座を作成中です!

よかったら覗いていってください!

 

 

くーた
下の画像をクリックして見てね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です