TOEICの品詞問題に必要な知識と、紛らわしい語について。

アキト
こんにちは、通訳を担当しているアキトです。今日も将来のために英語を勉強していきましょう!

 

TOEICパート5の品詞問題が出たら、5秒以内で解くのが目標です!

品詞が分かるベネフィットは

・TOEICの品詞問題が分かる。
・長い文を分解する時に助かる
・人に英語を説明できる
・単語が覚えやすくなる
などもあります!

くーた
知ってたら5秒で解けるけど、知らないと解けないのでがんばろ!

それぞれの品詞について

品詞とは文法上の役割によって分類したものです。

くーた
モノは名詞、動きは動詞ってことだよね

まぁそんな感じですね。

英語でpart of speechと言います。

 

それぞれの品詞について簡単に説明していきますね

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

名詞

ものの名前を表すもの。
主語、目的語、補語、前置詞の目的語になれます。

例、grape, family, water, France

動詞

人やモノの動作や状態を表すもの。
主語のあとに現れ、動詞の後は名詞や形容詞、前置詞、副詞がきます。

travel、perform(動作)
like、know(状態)

形容詞
人やモノの様子を表現します。
名詞の前、動詞の後にきます!

important、special、unbelibable、curious

副詞
名詞以外(動詞、形容詞、副詞、文全体)を修飾するものです。

seriously、 importantly、very、 always 

見分けるポイント

単語をいくつも見ていると、同じ綴りの部分があることに気づきます!

 

その部分が接辞(affix)と呼ばれるものです。

語の最初にくるものと最後にくるものがあります!

 

接辞

接頭辞(prefix)→語の最初に来る

接尾辞(suffix)→語の最後に来る

接辞を覚えておくと見ただけで意味と品詞が少し推測できます。

漢字の部首のようなものだと思ってください。

くーた
確かに草かんむりが来たら草花の漢字って分かるね!

それでは名詞の接辞から見ていきます!

名詞

接尾辞 単語
cy fluency
bankruptcy
ist pianist
journalist
or actor
conductor
er runner
peeler
ee employee
interviewee
ence influence
tion、sion conversation
mission
ity property
purity
ness freshness
happiness
nomy astronomy
economy
ship friendship
leadership

言われてみれば、見たことがある語尾ばかりじゃないですか?

一度法則を覚えてしまったら、単語の見方が変わってきます!

くーた
分からない単語はがんばって調べて!

動詞

続いて動詞です。

動詞の接尾辞はそんなにないです。

接尾辞 単語
en frighten
enlighten
ate educate
create
ify unify
fortify
ise, ize advertise
realize.

adequate などateがつく形容詞に注意!!

くーた
品詞だけでなく語の意味も覚えとかないと間違えるね!!

 

ここで接頭辞もちょっとはさんでおきます!

接頭辞 単語
en entitle,
enrich
inter interrupt,
intersect
un undo
unlock
dis dislike, disrespect

接頭語は他の品詞と被っているので、

品詞の判断は接尾辞に任せた方がいいですね!

形容詞

続いて形容詞です。

名詞と形容詞の接尾辞は特に沢山覚えておいてください!

接尾辞 単語
ive active
tentative
ical chemical
magical
ous continuous
nervous
ful plentiful
colorful
y happy
showy
ar popular
solar
ate passionate
animate
ic atomic
pandemic
ing interesting
charming
ed excited
beloved
ish selfish
childish
able ible reliable
sensible
less priceless
countless

いっぱいあるけど、とりあえず形容詞ってことが分かったらOKです!

副詞

副詞の接尾辞は”ly”のみです!

 

形容詞にくっつくことで副詞になります!

例:happily、carefully

くーた
これは簡単そう!
注意
friendly(友好的な)のようにlyがつく形容詞もあります!

 

またhardやenoughのように、形容詞と全く同じ形をした副詞もあるので注意です!

くーた
まぁともかくこの接辞とやらを覚えたら品詞問題は楽勝だね!

そう簡単にはいかないんです。

最後に同じ接辞&品詞なのに意味が違う語を紹介していきます!

 

part5は基本的に( )の前後を見て解いていけばいいのですが、
意味も覚えておくとより確実に取れます!

同じ接辞&品詞なのに意味が違う語

接辞を見分けて、品詞が分かった。

けど選択肢に二つ同じ品詞がある!!

 

という時があります。2択に絞って間違えるのは

嫌なので、よく出る単語を紹介していきます!

economy 節約、経済

economic 経済上の、利益になる

economical 経済的な、お徳用の

 

どちらもお金に関わる経済の意味に関連しますが、

economicは貿易から出る経済の利益

economical は節約やお得さを表す意味です!

 

アキト
攻めと守りって感じで覚えられです!字数少ないほうが攻め!

employ 雇用する

employer  雇用者
employee 従業員

この二つは真反対の意味を表します。
erがつくと、~する人
eeだと~される人となります。

くーた
interviewerとintervieweeが似てる語だね!

late 遅い、遅れた

late  遅い
latest 最新の

形容詞の原形と、最上級の組み合わせです。
lateは遅れた。っていう意味なのに

最上級になると、最も遅いという意味+最近の・最新のという意味になるので
注意です!

respect 尊敬する、点

respectable ちゃんとした、尊敬すべき
respective それぞれの各自の

re(振り返って)+spect(見る)から尊敬するという意味が元です。

able~出来る
ive~の性質を持った

というそれぞれの接尾辞から、
respectableは尊敬できる。

respectiveは「点」の性質を持った

→「各自の、それぞれの」と言う意味になります!

respond 反応する

responsible 責任感のある
responsive 敏感な

動詞はrespond (返答する、反応する) です。

responsible は責任を持って返答出来る→責任感のある

responsiveは反応する傾向がある→敏感な

 

くーた

上のrespectと似てるね、ableがついたらいい意味だし、

iveだと性質を表すってわかってきたよ!

sense 感覚 良識、センス

sensible 賢明な分別のある、賢明な
sensitive 敏感な、傷つきやすい

これもableとibleの違いですね!

 

認識力がある→sensible

感覚の性質→sensitive

succeed 成功する、後をつぐ

successful 成功した

successive 連続する、引き続いての

 

suc+~の下に+ceed(行く、来る)から

努力の下(結果)来るのは成功。というイメージです。

 

アキト
これは知らないと分かんないね!

successful applicant 合格者という風にも使います!

まとめ

いかがだったでしょうか?

品詞の問題は知ってたら得点源になるので

確実に覚えておきましょう!

 

また、普段の英語学習にも役立つ

知識なので、話せるようになるなら必須の知識です!

 

また他にもあったら随時更新していきます!

 

それでは!

くーた
ブログランキングに参加しています。よかったらぽちっとお願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ

 

リスニングの記事もあります↓↓

トイックのリスニング勉強法やコツについて順番にまとめてみた。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です