ワーホリでボランティアに行く5つの理由とカナダでのオススメ4選

アキト
こんにちは。通訳を担当してるアキトです。今日も将来のために英語を勉強していきましょう!

 

ワーホリで外国に滞在していると、

 

最初は新鮮で全ての物事が楽しいのですが、

 

途中で

・語学学校に行くのに疲れた
・会話力を実践で試したい
・学校以外の知り合いが欲しい
・異国なので、人の役に立ててない。

 

という悩みが出てきたんです。

 

そこで!!ボランティア
に挑戦してみました!

 

日本では全然しませんでしたが、

海外では色んな人が参加していて

 

かなりいい経験が出来ました!

 

将来、絶対自分の糧になるので挑戦してほしいです。

ボランティアに行くべき理由

ネイティブがいっぱい

 

ワーホリなどで語学学校に行くと、

先生以外はみんな留学生でした。

 

僕がいたトロントには日本、韓国、タイ、
サウジアラビア、

南米(ベネズエラ、ブラジル、コロンビア、
チリ)

などの人がいました。

 

自分より英語出来る人もいたんですが、

やっぱりノンネイティブなので、
比較的簡単に話せる

 

もう少し実践的な英会話したいな

 

と思ったら、ネイティブだらけ
ボランティアは最適です!

 

アキト
イベントにもよりますが、普段と
違う人と出会うことが出来ます!

 

友達が出来る

滞在中の友達って
偏ってしまいがちなのですが、

ボランティアで同じシフトについた人とは
仲良くなれます。

 

ずっと忙しいものもありますが、
休憩時間などに必ず話す時間があるので

 

くーた
英会話チャーンス!

 

と思って色々聞いてみましょう!

 

実際facebookで働いている人や、医学部生などの大学生と友達になれました。

 

履歴書に書いたり、趣味で参加したりする人もいるので

ここでの人脈作りは大事でした!

 

予想がつかないので対応力がつく

エージェントでボランティアの案件を
受けていました。

その時、大体の内容は
言ってくれるんですが、

 

詳しい配置や動きなどは当日にならないと分からないモノもあります。

くーた
超速の英語を聞くだけでもきついのに、めっちゃ頭つかうじゃん!

でもそれがいい練習になるんです笑

 

どんなことをしたのかは後で書いています↓

 

自分の英語力にあったポジションに配置されるので安心

すっごく難しいことは無くて、いきなり、100人と話して、この商品売ってこい!

とかないので安心してください。

 

ボランティアなので色んな種類があります。

ボミ拾い、受付、会場用意、誘導などなど

 

最初は仕事自体で喋らない仕事で慣れて、

自信が出てきたら、前線に出るタイプに挑戦してもいいですね!

 

日本で出来ない経験が出来る

日本にも色んなお祭りやイベントが

あるんですけど、カナダならではのイベントも沢山ありました。

 

そんななかで僕が実際体験した
面白い例を紹介します!

面白かった例

NBA

あの有名なバスケのリーグです!

 

トロントにはラプターズという
チームがあります。

仕事内容としては、試合前~第2Qくらいの間

 

お客さんに話しかけて、
クジを買ってもらう

というもの。

 

くーた
バスケ賭博だ!

勝ち負けを問う賭けではなく、

 

みんなが購入した料金の売り上げを、
当たりの人が貰うというものでした。

 

つまりたくさん売れた方がいいので、結構走り回りました。

 

そして何が最高って第3Qの途中から、

タダで試合を見れる

&ピザを貰えます!!

 

英語もガンガン使うし、

デメリット無しのボランティアです!!

 

LGBDパレード

 

北アメリカ最大のLGBDのパレード
トロントで開かれます。

この時のポジションは
ゴミ拾いだったのですが、

 

ゴミ拾いながら他の参加者とお喋りしたり
パレード見たりと充実しました。

 

筋肉ゴリゴリの人が街中を闊歩していく
様子は圧巻です。。

 

かなり衝撃を受けるイベントなので、
ボランティアじゃなくても

見に行ってください!

 

もちろんLGBDの理解にも繋がりました!

アキト
衝撃が大きすぎて疲れました。。

 

ドラゴンボート大会

トロントに住む中国系
団体主催のイベントです。

 

ドラゴンの頭をつけた細長いボートに10人くらいで乗って漕ぐ競技です。

 

これはかなり大きなイベントでスタッフも
多かったので、説明会がありました!

 

この説明会に行くのが本番より大変で、
バスと電車を乗り継いで

人に道を何回も訪ねてやっと
たどりつくことが出来ました。

 

アキト
そこまでやったのに、役割は船が揺れないよう押さえる人でした。

 

簡単な仕事ほど、他の参加者とも話せるし、よしとします!

 

場所探し、会場までの移動、説明会のリスニングなど、実践力がつきました!

 

アキト
ちなみに別の日にあった打ち上げも迷いました笑

 

日本語教室

日本で言うALT?みたいな立場でボランティアに参加しました。

 

自分たちが学生としてい英語を習っている時と真逆だったので新鮮な気分でした!

 

日本語ネイティブとして、意見を求められるのはちょっと嬉しかったです。

 

日本語&英語ペラペラ韓国人の方にも出会い、

語学を学ぶモチーションが高まりました!

 

アキト
他にもトライアスロンとか、お祭りのボランティアもしました。

 

気をつけること

場所を確実にチェック

ボランティアは街中で開かれるものもあれば、

 

郊外で行われるものも少なくありません。

 

なので、行く方法、交通機関の時間を確実に調べて早めに行動しましょう。

初めての時は前の週に下見に行ってもいいでしょう。

アキト
トロントアイランドのボランティアは家から遠かったので、朝5時起きで電車を乗り継いでいきました!

 

募集条件をチェック

 

応募したら誰でもOKの案件と

ある条件を満たさないといけない案件があります。

 

確かサンタクロースパレード?だったと思いますが、

自分の服のサイズを調べて
送る必要がありました。

 

日本とサイズの単位が違うので、
服屋さんで測るか知り合いの人に測って貰うべきだったのですが、

 

後回しにして間に合いませんでした。

くーた
条件があるものは早めにチェック!

 

終了証の受け取り条件をチェック

終了証(certificate)就活の時に使えますし、記念になるので、集めていました。

 

当日仕事終わりに
もらえるものもありますし、

後日別の場所に取りに行かないといけないものもあります。

 

ボランティアが始まる前にチェックしておきましょう!!

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

全部のボランティアに参加したわけではないので

他にも面白いものはあるかもしれませんが、

 

実践的に英会話が出来て、人脈が増えて、

気分転換にもなって、色んな経験も出来るので

 

長期滞在中のボランティア活動は本当におすすめします!

ホームページやエージェント経由で探したら出てくるので、

 

ボランティアがしたい人は、

1年間の大きなイベントを最初にチェックしておくべきですね!!

 

継続的に行うことで就職の

面接でも言えるしおススメです!

 

以上です

ここまで読んでいただきありがとうございます。この記事に関する感想、質問、コメント等があったら教えてください!

 

くーた
読むと英語学習のモチベーションになる10記事を選んだよ!まずはこっちから読んでね!
アキト
英語やスキルを身につけて、好きな仕事をするために頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です