洋画で英語を勉強する方法や見るべきジャンル、注意点をまとめました。

アキト
こんにちは!通訳を担当しているアキトです!今日も将来に向けて英語を学習していきましょう!

 

英語の基本が出来てくると、
実際に話されれている英語のフレーズを

覚えていく必要があります!

 

そこで、洋画を見て学習する。
という方法です。

 

今思えば、スウェーデンからの留学生で

日本語検定1級所有のみんなによると

 

日本語を学んだきっかけは

ドラゴンボールとかNARUTOなどの

 

日本語のアニメがきっかけだったそうです。

 

くーた
Kamehame Ha~ってふざけて言ってたね!

 

勿論、彼らの日本語力はアニメだけで

得られたものではないとはいえ、

 

効果があるものなので
僕も実際にやってみて、

方法などを書いていきたいと思います!

どんな人が見るべき?

僕の答えは完全な初心者と中級者

オススメします。

 

英語力のレベルを10段階に分けてみて

 

0が完全初心者の人で

10が同時通訳が出来るレベルの人とすると

 

レベル0~15以上の人が見るべきです!

 

くーた
何でだよ!

 

0の人はまず、興味付けのために
見てほしいです!

 

アキト
英語がスラスラ言えてかっこいいー!!

って思ったり、

 

くーた
この映画(アニメ)を面白ーい!
英語でも理解したい!

っていう感情を無理やり
芽生えさせてください笑

 

そして、今の実力だと、
全然理解できない!という

現在地の把握にも繋がります。

 

なので、最初に洋画を見るのは
モチベーションの為に

やっておきましょう!

 

 

レベル2~4の人は

まず基礎単語や文法を覚える作業から
入っていきましょう。

 

野球で例えると、プロの試合を見て、
モチベーションは高まったけど

急に試合はできないので

 

まずは素振りやキャッチボールの練習からしていきましょう。ってことです。

 

基本が出来たら試合(この場合洋画を見る)

 

に移っていけたらいいですね!

メリット

やる気なくても出来る

勉強!ってなると本を読んだり、

能動的に音読しなきゃ!

 

って感じがしますが、

 

今日はやる気ないや

 

って時は思い切って映画で

英語と離れずにぼーっと見てみましょう

 

新しい映画を見たら勉強のマンネリを防ぐことが出来ますし、

心も休まると思います!

 

アキト
慣れたら結局癖でフレーズを気にしながら見てしまうんですけどね

 

1人で実践で使えるフレーズが増える

当たり前なのですが

実際に英語話者と話さなくても

 

フレーズが沢山聞けるので

宝の山だと思って聞いてみましょう!

 

誰かと話さずに

1人で出来るっていうのがいいところですね!

デメリット

時間がかかる

僕は映画を2時間ずーっと見ておくのは
苦手なので

集中力が無い人にはお勧めしません。

 

 

また下で方法を書きますが、
何回か見ないといけないので

目と耳で定着しやすいとはいえ

 

時間がかかってしまうのが結構ネックです

 

隙間時間に少しずつ見るという手を取っていきましょう!

 

難しい

映画とは言え、スピードは
手加減してくれないので

 

最終段階の字幕なしで聞き取る。というのは

結構大変です

 

全部見るのにも時間がかかるので

簡単なものを選んでいきましょう!

 

特にジャンルを間違えると大変なので、

オススメのジャンルも後で紹介します!

 

勉強手順

勉強する猫

1.日本語で理解

まずは、日本語字幕&英語音声で

内容理解から始めましょう!

 

くーた
ここで日本語音声で聞かないでよ!

既に見ていて、内容が分かっていたら、

このステップは飛ばしてもOKです!

 

日本語は一言一句覚えなくてもいいので、

その場面で何を言っているか

 

分かったら次のステップに行きましょう!

 

2.英語字幕&英語字幕で見てみる

1で理解した内容を思い出しながら

 

英語でこう言うんだーって

思いながら英語字幕を見ていきましょう!

 

気になったフレーズをメモしていってもいいですが、

全然進まないとイライラしちゃうこともあるので、

 

自分の性格によって

 

・メモを取らずに何度も見る

・メモを取ってみる回数を減らす

 

の好きな方でやってみてください!

 

僕はメモを取って、それを空いた時間に自分で

ブツブツ言う派です!

 

慣れてきたら、英語字幕と同時に喋る
オーバーラッピング、

後を続いて読んでいくシャドーイングに
挑戦してみてください!

 

3.字幕なしで見る

何度か英語字幕で読んでみたら、

力試しで字幕なしで見てみましょう!

 

それで、聞けるようになっていたら

かなりリスニング力が
ついていると言えます!

 

 

最終レベルは、字幕なしでシャドーイングです!

映画を覚えるほど見たら、
出来るようになります。

 

出来る人は1つの映画を完コピ出来るまで

やってみましょう!

 

アキト
あくまで「楽しみながら」やっていきましょう!

 

くーた
学習に楽しみなんていらねえ!
ゴリゴリやるんだよ!!

という方へ。

 

ステップ1が終わったら字幕なしで
英語で聞いてみましょう。

8割聞き取れるようになるまでです。

 

ここで心が折れずにやれたら、

次は、聞こえてきた音声を書きとってみましょう!

 

そして、書いたノートをステップ2の
英語字幕で見る時に照らし合わせて、

答え合わせしてみましょう!

 

こんな人がいた

映画を書きとるなんて無理。。
って思っていたのですが、

カナダ在住で何故か日本でホストになりたかったカナダ人、ディエゴ君の話をします。

 

language exchange(英語と日本語の教えあい)で出会った彼もまた

 

映画で学習する1人でした。

 

彼は失恋ショコラティエという石原さとみ
さんが出てるドラマを全部書きとって、

 

僕に意味を聞いてきたんです!

 

くーた
え、どんな文字数だよ!

さすがホストになりたいだけありました。

 

基本的なことは結構分かっていて、
「甘えん坊ってなに?」とか

 

会話で使われる慣用表現の意味を聞いてきて、

レベル高いなって驚いた記憶があります。

 

彼がホストになれたかは知りませんが、

日本語力は半端なかったです。。

 

まとめ
きついけど、力がつくディクテーションもよかったらやってみてください!

選び方

会議する人

この中の全部当てはまるものを
選んでください!

 

というわけではなく、僕なりの基準なので

 

1つでも当てはまったら
気軽に見てくださいね!

 

興味があるもの

勉強の為!と意気込んでも興味ないものは
続かないのでやめておきましょう!

 

僕で言うと、ダビンチ・コードとか全然興味ないので

アニメとか、ヒューマンドラマとかを見るようにしています!

 

勉強するとなると、最低でも4回くらいは見ないといけないので

何回も続けてみれる前提で選びましょう!

 

現実から離れすぎていないもの

時代が中世の話だとか、古すぎる設定のものは勉強には向いていません。

 

日本の時代劇を見ても、現代の日本語が話せるようにはならないですよね

 

また、SFなど絶対に起こらない話
(パイレーツオブカリビアンとか)も、

 

日常会話では使いにくいので

ほどほどにしておきましょう!

 

有名なもの

有名なものを選ぶ理由は2つあります。

 

まずは、有名なので

アキト
めっっっっちゃ面白くない!!

ってことはなく、最低でも

 

まぁまぁ面白いと思うので、

 

迷ったらアカデミー賞受賞!

って書いてるものを選びましょう。

 

2つ目は後で外国人と話す話題になる

ということです。

 

一通り自己紹介したら、

次は趣味の話になります。

 

映画は男女問わず話せる内容なので、

ネタ作りの為にも有名なものは良いです!

 

ジャンル

アクション、SF、ホラーなど、

洋画にもジャンルがありますが、

 

 

(ヒューマン)ドラマと呼ばれる

ジャンルがオススメです。

 

もちろん映画なので、状況は

不思議なことが多いですが、

 

比較的日常的な英語を使ってくれるので

オススメです!

 

アキト
これを書いている時は美女と野獣
(実写版)を借りました!

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

洋画で英語学習!はよく聞く話だったので

細かく書いてみました。

 

興味つけのために、やってみて、

基礎力がついたら挑戦してみましょう!

 

何度も見る必要があるので、

向き不向きがあると思いますが、

 

実際に喋られている英語を覚える勉強なので

挑戦してみて下さい!

 

以上です!

ここまで読んでいただきありがとうございます。この記事に関する感想、質問、コメント等があったら教えてください!

 

くーた
読むと英語学習のモチベーションになる10記事を選んだよ!まずはこっちから読んでね!
アキト
英語やスキルを身につけて、好きな仕事をするために頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です