日本語を教えるボランティアに大学生が絶対参加すべき理由について

アキト

こんにちは!海外営業のアキトです!(詳しいプロフィールはこちら)今日も将来に向けて英語学習を頑張っていきましょう!

 

今まで、どちらかと言うと、

英語を習ってきた立場だと思うんですが、

 

逆に僕たちの言葉、「日本語

を教えたことはないですか?

 

 

くーた

そんなの需要あるか知らないしやったこと無いよ!

 

 

って思うかもしれませんが、

探してみると、意外と日本語を教えるボランティアってあるんです!

 

日本で必要だから、日本語を学ぶ人もいますし、

海外在住でも日本語を学んでくれる人もいます!

 

僕はトロントにいた時と、

日本でも、日本語を教えるボランティアに参加したので、

 

その経験から、大学生のうちからしておいたほうがいいと思ったのでシェアしていきますね!

どこで出来るのか

気軽に出来るのは次の4か所です!

 

地方の団体

大学

海外の日本団体

アプリ

 

地方の団体

地方の行政機関や、公民館等で有志でやってるようなイベント

があります!

 

アキト
僕は地域の公民館でやってる団体に週1~2回参加していました!

 

規模はそんなに大きくないと思うので、

すごくローカルなコミュニティを作ることが出来ます!

 

大学

学校によっては、国際交流センター

日本語を教えてるボランティアがあると思います!

 

 

僕は大学では日本語を教えるというか、

生活補助をするボランティアをしてみました。

 

アキト
海外に行った時、すごく困ったので恩返しをするつもりで参加しました

 

マレーシアの方だったんですが、

結果的に学園祭で出店する際にもお手伝いに行って

 

謎のマレーシア料理の提供もお手伝い出来たので

すごく、良い経験をさせてもらいました笑

 

海外の団体

日本の文化団体みたいなところに行くと、

定期的に日本語教室を行っているので、参加することが出来ます。

 

結構渡航して初期に訪れてみたんですが、

 

アキト
ボランティアしたいの?ダメダメ。もっと英語力上げてからおいで。

 

 

ってゲーム内でレベルが足りないから、次のステージに行けない状態

みたいな断り方をされたんですが、

 

後半レベルを上げて行ったら、受け入れられました笑

 

 

僕が行ったところは初級編なので、講師が一斉授業をして、

僕がアシスタントとして入る。って感じでした。

 

この講師の人がすごかった話は、下で書きます→

 

アプリ

ボランティアというか、お互いに自分の学びたい言語を教えあう

hello talkというアプリがあります。

 

これは日本語を教えるだけではなくて

英語を教わることも出来ます

 

なので、対面で会うのに抵抗がある。って方は

このアプリで日本語を学びたい英語ネイティブを探すといいですね!

 

対面がいい人は、

ラングエッジイクスチェンジ自体は日本でも都会の方に行けばやってるので、

参加してみるといいですね!

 

メリット

第二言語を習得する様子を直に見ることが出来る。

客観的に人の成長を見ることで、言語習得の様子を客観的に見ることができます!

 

すでに英語を喋れる人は見たことあるかしれないですが、

他人が目の前で英語が上手くなってるのを見るのって、

 

英会話教室の先生しかいないんですよ。

 

 

なので、何回かボランティアしていくうちに

日本語を覚えてくる人を見て、

 

くーた
あ、単語やフレーズを覚えて使っていけば喋れるようになるんだ!!

 

ってのが体験出来ます!

 

英語ネイティブが日本語喋れるようになるのを見ると、

英語を覚えようとする言い訳が出来なくなって良いですよ!!

 

ネイティブとして頼りにされて楽しい

自尊心が増えます!

 

普段英語を勉強してたら、英語ネイティブって控えめに言って

何でも知ってる神みたいな存在じゃないですか?

 

それが何と、タダで味わえます!!

 

くーた
めっちゃ個人的な感想じゃないか!!

 

でも自尊心は大事ですよ。

 

いつも神と崇めてるネイティブから質問されて、

 

「あーそこはちょっとニュアンスが違って、、」

「日本人的には~

 

みたいなこと言ってたらめちゃ偉くなった気がします!

 

その自尊心のパワーを英語学習に充てましょう!

 

日本が好きな人との出会いが増える。

元々、日本に良い印象を持ってくれているので、

人間関係が築きやすいです!

 

自分何の力が無くても、

 

 

日本が好き。

っていうアドバンテージがあることで、

 

 

僕みたいなフツーの人間でも

 

興味を持ってもらえて、

日本のことを話すだけで会話を続けることが出来ます。

 

 

また、その日本に関するイベントで、恋愛関係に繋がる例もあります!

言語習得という同じ目標を持っているので仲が深まりやすいです。

 

 

アキト
それは何故か僕じゃなくて、日本が好きなカナダ人同士なんですけどね。

 

 

たまにすごい人がいる

言語系のボランティアに行くと、

結構な確率で、その言語を高いレベルで使える人に出会えます。

 

その人に実際に勉強法を聞いてもいいですし

かなり刺激を貰えます!

 

僕が日本語ボランティアで出会った方は、

アキト
日本人なのに英語上手いなー、カナダ生まれなのかなー

 

って思っていたら、韓国生まれの韓国人でした!!

 

僕の耳では日本語もネイティブレベルで話せていたので、

何人か分からないレベルの実力です。。

 

成人してからでも、言語はいくつでも身につけられる。

ってことを改めて実感しました!

 

注意点

自分の役割に集中する

基本的に日本語を教える。という役割を全うするのが大事です。

 

受講者は日本語を学ぶというのが最優先なので、

いきなり英語のことを聞いたり遊びにいこうよって言うのはやめましょう。

 

仲良くなってからだといいかもしれませんが、

日本語を教えずに上記のことをやってたら最悪出禁になる恐れがあります!

 

まずは、自分の役割を果たすこと!!

 

相手の聞きたいことを聞く

これも上記と似ているんですが、

個別で教える時に、自分の言いたいことだけを言わない

 

っていうを大事にしてほしいです。

 

というのも、

僕が行ってた個別のボランティアでは、

 

自分の領域、というか、

自己満足で言いたいことだけを伝えて、

 

ネイティブの方が本当に学びたいことを学べていない気がしました。

 

くーた
知識の押し売りってやつだね!

 

ちょっと難しいですが、ちゃんとヒアリングして、

教材とか用意してあげましょう!

 

ネイティブだからこそ出来ることをしっかり考えて!

 

資格

日本語を教える資格は以下の3つがあります!

 

1.大学・大学院で日本語教育専攻または副専攻

2.  日本語教師養成講座(420時間以上)修了

3.  日本語教育能力検定試験合格

 

で、大学生のあなたに注目してほしいのは、

勿論、1番です!

 

外国語学部とか、国際系の学部がある大学だったら、

日本語指導の資格がある可能性が高いです!!

 

これは絶対大学で取ってください!絶対!

 

持ってるだけで、就職の道が1つ増えます!

 

アキト
僕は大学で取らなくて後悔した授業No.1です

 

上記の2番や3番を受けようとしたら、

新たにお金も時間もかかります。

 

その点在学中に取っておけば、

多少忙しくなりますが、学費の範囲内なので

 

得しかないです!

 

 

就職してから気が変わって

くーた
「あー日本語教師っていいなー」

 

って思う時の為に備えてとっておきましょう!

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

僕が体験した日本語ボランティアの種類、

メリット、気をつけることについて書いてきました。

 

 

語学の勉強なので、

日本語を教えることは絶対自分の為になりますし。

 

相手も助けることが出来るので、

ぜひ、挑戦してみてください!

 

それでは!

ここまで読んでいただきありがとうございます。この記事に関する感想、質問、コメント等があったら教えてください!

 

 

社会に出る前に

TOEIC800点が取れて、日常会話が出来たら

 

ちょっとカッコいいし、

1つのスキルとして使えますよね?

 

 

ただ、「英語が出来る」

だけじゃ仕事は出来ないのも事実。

 

なので、

TOEIC800点取る方法と、

日常会話を習得する方法に加えて、

 

 

僕が新卒で結果を出せた

仕事に関する考え方も加えた

 

無料講座を作成中です!

よかったら覗いていってください!

 

 

くーた
下の画像をクリックして見てね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です