不定詞と動名詞の違いについて、コアとなるイメージから覚える方法

アキト

こんにちは!元通訳担当のアキトです!(詳しいプロフィールはこちら)今日も将来に向けて英語学習を頑張っていきましょう!

 

不定詞と動名詞の使い分け、ちゃんと出来てますか?

 

くーた
to不定詞は未来、動名詞は過去。って覚えた記憶があるなぁ

 

 

このように覚えていたら、ほぼ正解です!

 

ただ、英語は1つのルールだけで完結するほど、甘くはありません!!

 

なので、この記事では、コアとなる意味と、少しの例外を紹介していきます!

 

不定詞と動名詞の見分け方

まずto不定詞は動詞的な機能を持ち、

実体のない概念や願望、希望や意図を表します!

 

くーた
前置詞のtoが「~へ」って動いているイメージだから動詞と覚えておくか!

 

tryを例に出して考えてみます!

 

 

(1) I tried to skate, but I couldn’t even skate a little.

(スケートをしようとしたが、少しも滑れなかった)

 

 

これは実際に滑ろうとした「意図」があったのですが、

まだ、滑れていないので不定詞になります!

 

 

で、動名詞は名詞的な機能があって、

実際の行為や、実際に思い浮かべられる行為を表します!!

 

実際の行為なので、過去のことが多いんですが、

現在や未来のことも表すのに注意です。

 

 

(2) I tried skating, but it was very difficult.

(スケートをやってみたが、とても難しかった)

 

動名詞なので、実際にある程度の時間をやってみています。

その結果、難しいという感想が出ています!

 

 

まとめ

不定詞は動詞で、願望、希望や意図を表す

動名詞は名詞的で実際の行為や、実際に思い浮かべられる行為

 

不定詞しかとらない動詞

基本となる願望、希望や意図を表す文を紹介していきます。

 

 

実現への働きかけ・意図の例から紹介します。

 

(3) He decided to work in Kobe.

(彼は神戸で働くことを決めた)

(4) She offered to give us a break.

(彼女は私たちに休憩を取るように申し出てくれた)

 

比較的、前向きな言葉が多いです。

その他の動詞はこちら!

 

意図・働きかけを表す動詞

determine(決心する), promise(約束する), refuse(~を拒否する), agree(同意する), afford(~する余裕がある), learn(~するようになる) manage,(何とかやりとげる)

 

 

次に希望を表す動詞を紹介しますね。

 

(5) I want to go back to being a student.

(学生の頃に戻りたい)

 

希望を表すのはそこまで多くないです!

 

希望を表す動詞

seek (~しようと努める)

desire (望む)

expect (予期する)

hope (望む)

wish (~したいと思う)

 

アキト
最初に書いてたイメージ通りだね!簡単!!

 

ここからが例外です。

 

不定詞は意図や願い、動名詞は実際のことを表すのが基本なのですが、

不定詞なのに実際のことを表す例を紹介します。

 

 

(6) John failed to make a presentation in the lab yesterday.

(ジョンは昨日研究室で発表することを失敗しました)

 

このように、メインの動詞が過去形の時限定で、不定詞も事実を表すことができます。

 

 

事実を表す内容をとる動詞

pretend(~するふりをする)

happen (たまたま~する)

decline(~を断る)

 

 

一応ルールを頭に入れておいて、1つ1つの動詞を使いながらマスターしていきましょう!

 

まとめ
不定詞は、意図や願い、働きかけなどを表すが、事実を表す時もある。

 

動名詞だけを目的語にとる動詞

動名詞は実際に起こったことや、実際に思い浮かべれる内容を表します!

 

 

(7) We enjoyed chatting in the cafe for an hour.

(カフェで1時間ほどおしゃべりを楽しみました。)

(8)  Yuji practiced parking today.

(雄二は今日、駐車の練習をした)

 

基本的にメインの主語と、動名詞の動作は同じ人が行います!

 

くーた
不定詞よりはっきりしてて分かりやすいね!

 

その他の動詞はこちらです!

 

 

動名詞をとる動詞

finish(~をし終える), give up(~を諦める), delay(遅らせる), miss(~をしそこなう), postpone(~を延期する), forgive(~を許す), escape(~を免れる), avoid(~を避ける)

まとめ
動名詞は実際に起こったことや、実際に思い浮かべれる内容を表す!

 

動名詞の名詞的用法

メインの動詞と、動名詞の動作を行う人が違う場合の例を紹介します!

 

(9) The teacher recommend studying abroad.

(先生は留学を勧めてくれます。)

 

先生が先生に留学を勧めているわけでは無く、

この文を話している自分に言っています!

 

くーた
先生が自分に勧めていたら、ひとり言になっちゃうね!!

 

 

他にもadviseも同じように使うことが出来ます!

 

不定詞と動名詞を目的語にとる動詞

最初に紹介したtryのように、1つの動詞で不定詞の意図や願い、動名詞の実際の行為のそれぞれを表します!

 

それでは例を見ていきます!

 

(10a) I’ll remember to turn in homework tomorrow.

(明日忘れずに宿題を提出します)

 

 

(10b) I remember going to a fireworks display last year.

(去年花火大会に行ったことを覚えています)

 

 

(11a) Akira stopped to pick up his notebook.

(アキラは、手帳を拾うために立ち止まった)

 

 

(11b) Akira stopped walking abruptly.

(アキラは急に歩くことを止めた)

 

(10a) は提出するための未来に向かって覚えておく意図があるので不定詞、

(10b)は実際に花火大会に行ったことがあるので、動名詞になっています。

 

(11a)は今から手帳を拾うという、働きかけの為に止まったので不定詞、

(11b)は実際に歩く動作を止めたので、動名詞になります!!

 

 

くーた
不定詞も動名詞もとる動詞は少ないから全部覚えちゃうか!!

 

 

 

両方とる動詞

forget~ing(否定文で~したことを忘れない)forget to do(~するのを忘れる)

go on~ing(~し続ける)、go on to do (~に続けて~をする)

mean ~ing(結果として~することになる)、mean to do(~するつもりである)

 

 

loveは不定詞と動名詞の両方をとる

love, like, prefer, hateなどの好悪動詞も両方とることが出来ます。

 

少しルールがあるので紹介していきます。

 

(12a) Yuko doesn’t like to ski now

(優子は今スキーをしたくない。)

(12b) Yuko doesn’t like skiing now ✖

(優子は今スキーをすることが好きではない。)

 

(11a)は「今からすること」が好きじゃないのでnowをつけれますが、

(11b)は事実を言っているはずなのに、nowがつくと、日によって変わってしまいおかしい文になります!

 

同様に、動名詞の文は未来も表すことが出来ません。

 

アキト
好きという事実は日によって変わりません

 

 

(13a) Shugo loves to be a teacher. ✖

(修吾は先生であることを気に入っている)

 

(13b) Shugo loves being a teacher.

 

(13a)は現在先生であるはずなのに、未来のことを表す不定詞を使っている為矛盾しています。

(13b)は先生である「事実」を気に入っているので違和感はないです!

 

 

 

まとめ
love, like, prefer, hateなどの好悪動詞も両方とることが出来ますが、動名詞は現在や未来を表す語句と使えない。事実を表す時は動名詞を使う

 

 

動名詞と不定詞の使い分け

最後に確認問題です!この2つの文の意味の違いを答えてください!

 

 

(14a) It’s fun to walk in the park

(14b) It’s fun walking in the park

 

 

くーた
不定詞は、意図や働きかけ、動名詞は事実、、だから。。

 

答えは

(14a) は一般的に「公園で散歩するのって楽しいねー」という意味でどこで話しているか分かりません。

 

(15b)は実際に散歩をしている時に使います!

 

 

あと、よく間違えちゃうのですが、funは形容詞ではなく名詞なので覚えておいてください!

 

まとめ

不定詞と動名詞の使い方をまとめてみました!

 

 

まとめ

to不定詞は動詞的で実体のない概念や願望、希望や意図を表す

 

動名詞は名詞的で実際の行為や、実際に思い浮かべられる行為を表す

 

でしたね。

 

この2つの違いが分かったらかなり英会話に幅が増えるので、マスターしていきましょう!!

 

 

それでは!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

社会に出る前に

TOEIC800点が取れて、日常会話が出来たら

 

ちょっとカッコいいし、

1つのスキルとして使えますよね?

 

 

ただ、「英語が出来る」

だけじゃ仕事は出来ないのも事実。

 

なので、

TOEIC800点取る方法と、

日常会話を習得する方法に加えて、

 

 

僕が新卒で結果を出せた

仕事に関する考え方も加えた

 

無料講座を作成中です!

よかったら覗いていってください!

 

 

くーた
下の画像をクリックして見てね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です