英語のコミュニケーションを100倍楽にするためのコツ7選

アキト
こんにちは!通訳を担当しているアキトです。今日も将来のために英語を勉強していきましょう!

 

当然ですが、あなたは
コミュニケーションが得意ですか?

 

 

くーた

はい!はい!オレ得意得意!!!

誰と話してもめっちゃ話せるよ!

 

 

アキト

うーん、(何か一方的に話して相手の話を聞いてない気がする)

くーた、その後、
信頼関係築けてる?

 

くーた
何でかわかんないけど、
同じ人とは二度と話してないかも!
アキト
くーた!それじゃコミュニケーションが出来てるとは言わないよ!英語の前にコミュニケーションを勉強するよ!!

 

コミュニケーションとは

お互いに意思・感情・思考を伝えあうこと

 

なので、相手がいてこそ
成り立つものです。

相手のことを一番に考えてコミュニケーションするのが一番大事なので、

 

その理由と方法を書いていきます。

語源

動詞のcommunicate

ラテン語のcommunicatus
(他人と共有した、知らせた)

から来ていて、

 

communic(共有の=common)
+ate(…にする)

 

という成り立ちになります!

 

まとめ
「共有」という単語が重要ですね!

人は自分が一番大事

yourself_important
これがキーワードだと思います。

 

お互いに意思・感情・思考を
伝達しあうと言っても

 

人間は自分の言いたいことしか
言ってない

 

聞きたいことしか聞いていません

 

なので、まずは会話の目的
考えましょう!

 

会話をさらに分解すると

 

「自分のことを話したい」

「相手から情報を聞きたい」

 

に分けられます。

 

あなたが何かの専門家で、
アドバイスを求められている時以外、

 

基本的に人は「自分のことを話したい

という欲求があることを
覚えておきましょう。

 

そこまで喋らなくていい

そもそも会話は感情の共有が大事なので

 

一方的に話し続ける必要はないんです!

スピーチじゃないので、

 

一方的に話されてしまうと、相手は

 

自分の言いたいことも言えずに

聞きたいことも聞けないので

 

うんざりしてしまいます。

 

くーた
自分が話すのに夢中で気持ちの共有とか全く考えてなかったよ。

ということでスムーズに会話をする流れを書いていきますね!

スムーズな会話の流れ

ask_question

質問する

まず、話したい内容について
聞いていきます。

 

 

Would you tell me about….?

(…についておしえていただけますか?)

I would like to hear about….

(….について知りたいです。)

 

という風に聞いてみましょう。

 

一言質問したら、結構答えてくれると思います!

答えの確認

相手の回答が全てわからなくても

大丈夫です。

 

意見に対してのポイントを確認しましょう!

 

So, the important point is

(じゃあ大事なところは….)

・So, what you mean is

(じゃああなたが言いたいのは…)

 

 

という風にポイントを確認しましょう。

分からなかったら

 

・Can you explain me more about the point?

(その点についてもう少し説明してくれる?)

 

 

・What does it mean?

(それはどういう意味?)

 

 

という風に聞いてもいいですね。

 

まとめ
頑張って会話のポイントについていきましょう!

違う視点の提供

 

・In my opinion…

(僕の意見は…)

・I have a different idea

(僕は違う意見があるんだけど、)

 

というフレーズで自分の意見を言ってみましょう。

 

注)ここで否定しすぎないように!

 

あくまで、

 

「こういう考えを持ってるよ」

 

くらいで留めましょう。

 

・I had a similar experience about ..

(僕も同じような経験があって…)

 

という風に、同じような体験を話しても会話が続きます。

 

アキト
実質ちょっと長いことを喋るのはこの部分だけですね。ここを話す練習をしときましょう。

意見の統合

 

・What we are talking about it…

(今僕たちが話してることっていうのは…)

・What we should do is…

(今僕たちがすべきことは….)

 

という風にまとめましょう。

 

これが会話の1ループなので、また

関連した話題を投げかけて会話を繋げてみましょう!

 

くーた
たったこれだけ??
アキト
うん、このパターンに当てはめていくとそんなに喋らなくても気持ちを共有していけるよ!

個人的なことを聞いていく

indivisual_question
これはちょっと練習が必要なのですが、

 

最近のことから聞き始め、
だんだん昔のことを聞いていく

というテクニックがあります。

 

いきなり子供のころの話を聞くのは
不自然なので、

最近あった出来事を聞いてから、

 

・小さいときはどう思った?

 

とか

 

・○○に関する思い出はある?

などを聞いていけたらいいですね!

 

人は自分が一番大事なので、

自分の過去の話をしているうちに
心を開いてくれるという

作戦です!

 

くーた
巧妙だな!

会話の前に

会話の前に少しでも相手とコミュニケーションをとれるように準備しておくことも重要だと思います。

 

お土産をあげる

初めて会うホストファミリーや

日本へ旅行しにやってきた外国人には

 

お土産でちょっとよい印象を持ってもらう作戦」でいきましょう!

 

お遍路さんが被っているわらの帽子

招き猫などをあげたことがあります笑

 

もし、相手の情報が分からなかったら、
無難にお土産のお菓子をあげましょう!

 

東京ばなな」もいいですし、僕は地元で賞を取っていたシューラスク?

をあげたら喜んで
一晩で食べてくれました!

 

鉄板の話を一つ用意しとく

failure_story
全世界共通でおもしろいのが

人の失敗談だと思います。

 

海外の番組の面白映像とか
よく取り上げられますよね?

 

僕の場合、

・船から携帯を海に落として
水温18度で潜って取りに行った。

・僕と付き合った女の子は、僕と別れてからみんな幸せになる法則がある。

・自転車漕いでたら崖から落ちた

・お酒の失敗談諸々

 

などなど、自分から話しはしませんが、
一応ネタ帳に書いてあります。

 

また、人と失敗を共有すると
さらに仲良くなれます。

 

・二人で先生に怒られた

・二人とも失恋した

 

とかは何となくおもしろいですよね?

なので、

 

何か同じ体験する機会がつくれたら
仲良くなれます

 

またその話を鉄板にして
次に会うときに使ってみましょう!

会話中

話す内容以外にも
気をつけることがあります!

 

ボディランゲージ

いわゆるジェスチャーですね!

日本人はジェスチャーが少なく、
言葉だけでやり取りをしていますが、

 

大きいものを表すときは手を広げたり、

戦う時は相手を倒すポーズをしたら、

 

言葉が一つもわからなくても

伝えられる可能性が高まります。

 

やるだけ得なので
どんどん取り入れましょう!

 

もしわからなかったらTED(スピーチ番組)の人のジェスチャーを

真似してもいいと思います!

 

笑顔

私はあなたに心を開いて、

コミュニケーションする
体勢に入っていますよ

 

ということをアピールしましょう。

 

英語が分からなくて消極的になり

 

自分と話しても面白くなさそう

と思われるのが一番の失敗です。

 

くーた
OK!OK!いつでも話聞くよーー!

但し、全部にyesと言っていたら大変なことになるかもしれないので注意です。

 

相手に興味があることを示す

人と話すときはその人と話すことに
コミットしましょう!

意識を完全にその人との会話に集中する。

 

と言い換えてもいいでしょう。

 

・相手の目を見る。

・相手の方に体を向ける

・スマホなど他のことをしない

・話題についていく

 

ことを意識して会話しましょう。

英語に関して

big_face

 

完璧に話そうとしない

もちろん、文法的に話すことは
大事なんですけど、

 

言いたいことを伝えられない」こと

の方が深刻なので、

 

不安なら初めに自分の実力を伝えておき、

単語を繋げるだけでもいいので、

 

話してみましょう。

 

一生懸命伝えると

相手も理解しようとしてくれるはずです。

アキト
出川イングリッシュでもいいんです!

 

分からないときは聞く

意味も分からず笑顔でうんうん。

って言ってて、

 

じゃあよろしく!

 

って言われたら焦りますよね?

 

 

・I couldn’t make sense your point.

(あなたの言ってることが理解できなかった)

・Could you explain me more briefly?

(もう少し簡単に説明してもらえますか?)

 

とか言って適宜内容を確認しましょう!

 

分かっている言葉を使う

分からない言葉は喋れないんですけどね。

 

例えば「会社を設立した

 

という文を作りたくて

 

単語が出てこなかったら、

最悪makeでもいいと思います。

 

その場は分かる単語で会話をつなぎ、

後で調べましょう!

 

これでestablish(設立する)という
単語は忘れないはずです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

英語力をあげること以外にも

相手を思いやることで

 

コミュニケーションがとれることが
分かっていただけましたか?

 

僕は日本語でも英語でもコミュニケーションを取るのが得意では

なかったのですが、

 

この内容を意識することで、苦手な上司とも話せるようになりました。

 

気持ちよく相手と会話しましょう!では!

 

ここまで読んでいただき
ありがとうございます。

この記事に関する感想、質問、コメント等があったら教えてください!

 

くーた
読むと英語学習のモチベーションになる10記事を選んだよ!
まずはこっちから読んでね!
アキト
英語やスキルを身につけて、好きな仕事をするために頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です