英語は一生喋れないと思ったが、習得して感じた3つの大きな変化

アキト
こんにちは、通訳を担当しているアキトです!今日も将来に向けて英語を勉強していきましょう!

 

大学まで英語を勉強してきたけど、

全然喋れない。。

 

そう思っているあなたに読んでほしい話です!

 

僕も、大学生を卒業するまで、
英語が話せる気がしませんでした。

 

実は保育園から英語には触れていたのですが、大きくなるにつれて

アキト
結局日本にいたら英語なんて喋れるわけないじゃん!

って思っていきました。

 

くーた
そんなこと言ってる間に、周りにどんどん抜かれていったよね

 

 

そんな暗黒の時代もあったのですが、
英語は頑張ったら喋れるって気づいたし

 

何より、英語を話せるようになったことで、

 

怖いものがなくなったというか、

一回り強くなれた感じがして

 

 

僕の人生が大きく変わりました!

 

今喋れない人も、頑張ったら見える景色がある、

 

こんな話もあるんだーって感じで読んでみてください!

 

この記事では具体的なテクニックを書いているのではなく、

英語を喋れるようになって僕に起こった変化を書いていきたいと思います!

 

具体的に喋れるようになる方法はこちら↓

 

留学コンプレックス

本題に入る前に少し昔話をさせてください。

 

留学コンプレックスという言葉は
僕がつくりました!

 

大学の国際学科の英語面接で落ちて、
同大学の教育学部に入学。

 

でもその後交換留学の英語面接に落ちて、

 

僕は完全に英会話に対する自信は無かったです。

 

 

くーた
やればできるのにね!
アキト
当時は出来る気がしなかったの!

 

実際はただの努力不足だったんですが、

次第に僕のネガティブ思考は国際学科の人の方に向くようになりました。。

 

・周りに外人がいるから喋れるんだ。

・留学に行った人、キラキラしてカッコいい。。

・行ったことない俺とは天と地の差があるんだ。。。

 

英語ってスキルじゃなくて、
感覚的なものだと思っていたし

特に発音は才能だと思っていました。

 

けど、この記事を読んだら、
strong>そんなことは忘れてください!!

頑張ったら出来る!
頑張らないと出来ないです。

まとめ
英語が出来る人はすごく見えるもの!
でも同じ大学に入れるレベルだから努力で追いつける!

ワーホリでトロントに行って

トロントは日本人も沢山いたのですが、

 

心を鬼にして、

「英語しか喋らない生活」

を始めました!

 

 

語学学校に行ったり

教会に行ったり、

ボランティアしたり

友達と遊んだりしてました。

 

そうこうしてるうちに、話すコツも掴めてきて

口から英語が出てくるようになりました!

 

 

くーた
その代わり、SNSも英語で意識高いやつになっちゃったね
アキト
没頭する時は意識高いくらいでいいんだよ!

 

英語って学んでも学んでも、新しい表現があるので

モチベーションを失うことなく学習を続けることができました!

 

帰国が近づいたころ、僕の心は

世界を見て、1人の日本人として日本に貢献したい!

っていう思いが湧いてきたので

 

カレッジ等に進学はせず、1年弱で日本に帰りました!

 

まとめ
英語しか喋らない生活は効果ばつぐん!でも日本でも英語は勉強出来ることを実感!

 

ここから、僕に起こった変化3つ
紹介していきます!

スキルが身について自信が持てた

今までコンプレックスがあったのもあり

怖いものが無くなった気がしました。

 

外国人を見かけても、恥をかくのが怖くて、

話しかけることなく、コソコソその場をやり過ごしてた渡航前の自分に見せてあげたいです。

くーた
怖いものがないのは気のせい!

 

今まで、自分より出来る人のことばかり見ていましたが、

喋れるようになると、気にならなくなりました。

 

逆に僕の周りでは、英語は話せない人がほとんどでした笑

 

 

数学が出来る人、音楽が出来る人、スポーツが出来る人は周りに沢山いたのですが、

 

英語が喋れる人の方が全然少なくて

 

1つ特技?じゃないけど、身に付いたことで

 

アキトは英語の人

 

っていいレッテルを貼られるようになりました!

 

アキト
多分上を見すぎていたのも、コンプレックスの原因でした

 

まとめ
新しいスキルを身につけると自信になる!

モテるようになった。

くーた
そんなわけないでしょ!
アキトがモテるわけ!
アキト
失礼だぞ!

 

多分、上記の留学コンプレックスもあり、
自分に自信がなかった僕は本当にモテませんでした。

でも出来なかった英語が出来るようになってからか、

 

女の子と堂々と話せるようになって、

 

周りから、

「変わったね!」

「自信がついたように見える!」

 

って言われるようになりました。

 

くーた
脱毛したらモテるようになった人みたいだね!
アキト
それくらいのインパクトはあったよ!

 

また、女性は語学に興味をもつ人が多く、

英語の発音・知識、トロントでのエピソードを話題に話すことも出来ましたし

 

あと言語学を専攻していたのもあって、
少し深く英語について話すことが出来たのもラッキーでした!

 

 

今の彼女はマッチングアプリで出会ったのですが、彼女もドイツ語が話せるので、語学の話で盛り上がって付き合い始めました!

 

ゲームやスポーツなどのように、1つの趣味として英語が話題になってよかったです!

 

まとめ
英語は強みでもあるし、話題にもなる!

仕事面でのメリット

トロントから帰国して、あんまり就活する時間はなかったのですが、

 

大急ぎで就活して1つの夢だった教師になることが出来ました!

 

選考に関しては、TOEICも使うことが出来たし、

英語の筆記テストに困ることはなかったです。(特にリスニング)

 

一般企業を受けた時も、頑張ったこととしてアピール出来ました。

 

 

くーた
サークルや、学業以外でもアピールできることが増えて良いね!

 

グローバルな時代なので転職をする時も、「英語が喋れる」ということで

学校以外にも色んな転職先を考えることが出来ました。

 

海外業務もアリだし、外国人が来るホテルでもよかったし、

 

色々受けてみましたが、

 

最終的に、今のスポーツPR&国内でオリンピック選手の対応をする仕事が面白そうだったので、働いています!

 

 

まとめ
英語が出来ることで職業の幅が広がった!

最後に

上の方で言いましたが、

 

英語は才能ではなく、努力で出来ること。

ということを覚えておいてほしいです。

 

出来る人を見たら、センスで出来るように見えますが、

誰でもコツコツやることで身につけています。

 

今できないことは恥ずかしいことじゃないので、

出来ることから始めることをおススメします。

 

 

また、英語は確実に人生をいい方向に導いてくれます。

 

自信、恋愛、仕事など、色んなものを僕に与えてくれました。

 

アキト
英語が出来すぎで、不幸せになった人は見たことがありません。。

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

英語を話せたら、人生良くなるよ!

ってこと、分かってもらえましたか?

 

具体的に話せるようになる方法はこちら。

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

この記事に関する感想、質問、コメント等があったら教えてくださいね。

 

くーた
読むと英語学習のモチベーションになる最初に読んでほしい10記事を選んだよ!まずはこちらから読んで!
アキト
英語やスキルを身につけて、好きな仕事をするために頑張っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です